スポンサーリンク

【税金の無駄使い】パプアニューギニア政府がサミットの為に購入したマセラティなど高級車40台が売却されず何年も放置


パプアニューギニアは2018年に行われたサミット、Apec首脳会議を主催しました。
その際に政府要人を運ぶ為にマセラティクワトロポルテを40台、日本円にして約6億円相当を政府が購入。
さらにベントレーフライングスパーが3台がサミットの為に購入されました。

当然国民は税金の無駄使いだと怒りましたが当時のパプアニューギニアの財務省は「サミット終了後、購入した車両はすぐ売却し飛ぶように売れ費用は最小限に抑えられました。」と発表していましたが、実はマセラティ1台、ベントレー1台のたった2台しか売却できずずっと売れ残っていました。
maserati 2021-10-5


マセラティ パプアニューギニア2 2021-10-5
マセラティ パプアニューギニア1 2021-10-5
パプアニューギニアには正規ディーラーが無いのでスリランカのマセラティディーラーから40台のクワトロポルテを購入しました。
サミット終了後、政府は車を売却しますが、パプアニューギニアと言う国は貧困国の一つで誰も高級車を購入する国民は居ません。
現在の財務大臣によると3年以上売れ残っていた2018年マセラティクワトロポルテの約40台は日本円で約1200万円で売りに出すと発表。

この価格は3年間も放置されていた中古車だとしてもそこまで安いわけではありません。
問題なのがサミットで購入したのはマセラティだけではありませんでした。
他にもトヨタランドクルーザー、三菱パジェロなど合計284台の車がサミット終了後、行方不明になりました。
クワトロポルテ 2021-10-5
売れ残っているマセラティは1200万円で果たして全部れるんでしょうか?
別にどの国の大統領や総理が乗っていたかなんて分からんし、それくらいで車の価値は上がりません。
これからモデルチェンジも行われるとなると更に売却が難しくなります。
そもそもパプアニューギニアでこんな車を走らせる舗装された道路ってどれくらいあるんだろう。



トミカプレミアム unlimited 01 ワイルド・スピード RX-7



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示