スポンサーリンク

中国武漢にロータステクノロジーセンターを設立。SUV、セダン、新型スポーツなど一気に4車種発表


イギリスの自動車会社ロータスは最後のガソリンエンジン車としてエミーラを発表し、今後はEVへと完全にシフトします。
ロータスは中国の武漢に、ロータステクノロジーグローバルセンターを2024年に設立する事を発表。
今後5年間で4つの新しい電気自動車と2026年に全く新しい新型EVスポーツカーを発売します。

数年前からずっと噂されていたロータス製SUVとなるタイプ132は2022年に発売される事も発表されました。
ロータスEV SUV3 2021-8-31


タイプ132 2021-8-31
まずエヴァイヤの隣に2022年に登場するロータス初のSUV「タイプ132」、
ランボルギーニやフェラーリすらもSUVを作る時代。
アストンマーティンもDBXが大ヒット。
これからの時代SUVを作らないスポーツカーブランドはマクラーレンの様に死ぬだけです。
それくらい売れるのが約束されています。


タイプ133 2021-8-31
2023年に登場する4ドアクーペの「タイプ133」、
これはポルシェタイカン、テスラモデルS、アウディe Tron GTなどがベンチマークになる車でしょう。



タイプ134 2021-8-31
そして2025年に登場する小型SUV「タイプ134」
Dセメグメントとなる小型SUVはまだポルシェマカンくらいしかライバルは居ません。
マセラティもグレカーレと呼ばれる小型SUVを発表するしこれから盛り上がっていきそうな注目車種。


タイプ135 2021-8-31
2026年に登場する全く新しいスポーツカー「タイプ135」
スペックはおそらくロータス初の2000PSを発揮するEVハイパーカー、エヴァイヤの下位モデルになるのは間違いなく、1000PS程度になるのでは無いでしょうか?

これら4車種は全てEVとなります。

ロータスEV SUV1 2021-8-31
こちらが2024年に完成予定の武漢にあるロータステクノロジーセンター。
日本より電気自動車の技術が進んでいる中国で本格的にEVメーカーとして始動するロータス。
ニュル最速EVモデルでもあるNIOの創業者でもあるLiBinも加わり、中国資本を手に入れロータスのDNAと最新のテクノロジーを備え生まれ変わります。

今年後半にも武漢で生産工場を稼働する計画で、現在はイギリスへセルでエヴァイヤとエミーラの生産を行っていますが、
2024年以降の新モデルは中国での生産にいよいよなりそうです。


F1チャンピオンのジェンソンバトンがロータスエミーラでラグナセカを走る


電気手動統合ソフト弾丸銃 ガトリングガン ポンジ弾丸フォームダーツエリートアサルト屋外親子相互作用ソフト弾丸おもちゃ重機関銃、50/100の特別スポンジ弾丸 (100発のソフト弾)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

支那製なんてタダでもいらね
ウイルス付着してそう

衣類、食品、家電の殆どがあちら製でしょ。

ロータスはtype190という大衆車を販売したら良いよ。
パンデミック並みに大ヒット間違いなしだね。

中国すげぇ

工場ごと爆発するな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示