スポンサーリンク

ルーフを閉じた状態のフェラーリ812CompetizioneAが初公開。これはこれでカッコいいんじゃない?


5月にデビューした812シリーズ最後のモデルとなるハイパフォーマンスカーFerrari 812competizioneと812competizioneA

クーペのコンペティツォーネはこれまで何度も公開されていますが、アペルタ(オープン)モデルとなるコンペティツォーネAはフェラーリの公式ビデオの一部のみでほぼ公開されていません。

クーペ999台、アペルタ599台のみ発売されますが、
アペルタモデルには取り外し式のカーボンルーフを付けた状態でも初めて公開されました。
こうやって見比べると全く別の車みたい。
812competizioneA888 2021-8-23


812competizioneA7 2021-8-23
812コンペティツィオーネクーペには世界初のリアスクリーンを完全に塞いだレーシングカーの様なボルテックスジェネレーターが特徴です。
ガラススクリーンをカーボン化にする事で軽量化し、6枚のフィンを付けることでリアウィングを付けずともダウンフォースを発生する技術ですがアペルタモデルにはデザイン上非搭載なのでSF90ストラダーレの様なエアダクトの機能が入ったフードを採用しアペルタ特有の美しさとエアロダイナミクスを実現しています。


812competizioneA8 2021-8-23
コンペティツォーネクーペはリアスクリーンが完全に塞がれていますのでバックミラーがカメラ化されていますがコンペティツォーネAでは一応広報確認する事は出来る隙間はあるみたいです。(視認性最悪そうだけど)



812competizioneA4 2021-8-23
812competizioneA2 2021-8-23
これだけ形状が違うと言う事はクーペとアペルタでエアロダイナミクス性能はだいぶ違うんだろうな。
でもアペルタの方が台数も少ないし高いのでこっちの方がプレミアは付きます。
おそらくSAアペルタやラフェラーリアペルタと同じくカーボン製ルーフとファブリック製ルーフの2種類があると思われます。

フェラーリ812コンペティツィオーネクーペが6600万円で限定999台、アペルタが7600万円で599台の合計1,598台発売されます。


量産車で初めてリアスクリーンを完全に塞いだフェラーリのボルテックスジェネレーターが凄い

【購入条件も明らかに】812コンペティツィオーネって言うほど812スーパーファストと違いあるか?


ポケットモンスター シャイニングパール -Switch (【Amazon.co.jp限定】絵柄が浮き出る しょうゆ皿(ピカチュウ寝ころびVer.)同梱)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示