スポンサーリンク

【もう終わりだよこの会社】マクラーレン、本社ビルに続いてテクノロジー部門も売却 他


イギリスのマクラーレンは大きく分けてF1などを手がけるレーシング部門、自動車販売のオートモーティブ部門、そして応用技術開発部門の3つのグループで構成されています。

マクラーレンは厳しい経営状態の中、レーシング部門でリストラやイギリスウォーキングにあり、ワイルドスピードスーパーこんぼで敵のアジトとして登場したテクノロジーセンターの売却とそこに展示してあるレーシングカーの売却など兎に角赤字を埋めるべく模索していましたが、テクノロジー部門でもあるマクラーレン・アプライドテクノロジーズを売却している事が判明しました。
McLaren_Applied 2021-8-6


マクラーレン 2021-8-6
本日、マクラーレングループがアプライドテクノロジーズの全株式をグレイブルキャピタルに売却したことが判明しましたが、取引の金銭的詳細は明らかにされておらず、取引は今月末までに完了する予定です。

マクラーレンアプライドテクノロジーズのアンソニー・マレーCEOは次の様に述べています。
「電力·遠隔測定、制御、分析能力を活用し、より良い未来を開拓する戦略的意図を裏付ける投資を確保できてうれしい」と述べた。 「当社は、モータースポーツ、自動車、公共交通の既存の顧客と市場部門に引き続き集中し、献身しています。この追加投資により、顧客に長期的な安定性と追加金融を提供し、市場をリードする革新を発展させることができます。」

ウォーキングにあるマクラーレン本社がアメリカの企業に売却&スピードテールの中古も早速登場


年内で生産終了する事がアナウンスされたNSXから新型レーシングカー、Acura NSX GT3Evo22発表
Acura NSX GT3Evo22-6
ホンダパフォーマンスディベロップメントは本日、NSX GT3Evo22と呼ばれる強化されたAcuraNSX GT3が、2022年から世界中のレーストラックで競うことを発表しました。

NSX GT3Evo22は、幅広い環境下で安定したエンジン性能を発揮できるよう、エンジンのインタークーラーをアップグレードしたほか、スプリングレートの見直しやサスペンションのジオメトリー調整、耐久レースに対応したフルードタンクのサイズアップ、タイヤ交換を迅速に行うためのホイールシステムの見直し、FIAが定めたレインライトの追加などを行っています。

さらに、エアコンシステムやヘッドライトにも新たなバリエーションを用意しています。なお、NSX GT3 Evo22は、2024年までホモロゲーションを取得しており、引き続き新規受注を受け付けています。

超不人気モデルの2代目ホンダNSX生産終了www日本製スポーツカーが盛り上がっているのに唯一大失敗したのはなぜ?

ランボルギーニのテストドライバーがカースポッターに元気に挨拶

イタリアでは中指立てるのはこんにちはって意味だと思う。




アヴェンタドールSVJのアートカー
まさかの直塗り!?



ワイルドスピード9ウォーターカップ-ストローと蓋付きのシフトレバースタイルのカップ、スムージーカップ映画ファンへの最高の贈り物、容量20オンス



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ホンダは今後レースはベース車を何にするんだろう?
イタリアの挨拶は中々ファンキーで良いね!

ポリシーの無いホンダにはスポーツカーは作れないな。

スポーツカー(笑)

今時そんなの求めてんそんなにおらんて🤮🤮🤮

ポリシーとかwwww
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示