スポンサーリンク

グッドウッドヒルクライムを走るランボルギーニエッセンザSCV12オンボード映像 ほか


グッドウッドフェスティバルオブスピード初日に公開された世界限定40台のみ生産される究極のV12レーサーマシン「ランボルギーニエッセンザSCV12」そのプロトタイプによるヒルクライムコースを走るオンボード映像が公開されています。
先日発表されたLP780-4とは全く違う専用デザインのインテリアなど、次期モデルで使われる可能性があります。
ランボルギーニSCV12 2021-7-10




色々なボタンや画面などのチュートリアルから始まるSCV12のドライバー。
ロールケージを付けなくともドライバーを保護する新世代のカーボンファイバーモノコックが採用し
GT3よりも優れた空力性能を持ち歴代最高の830馬力を発揮します。

【これで運転する時バッチリ】ランボルギーニ エッセンツァSCV12のボタンの説明しておくね





フィオラノサーキットでテストされるラフェラーリの後継モデル。
V12ハイブリッドモデルを採用する事は発表済みでおそらく2023年のル・マンハイパーカークラスにも参戦すると予想されています。


グッドウッドフェスティバルオブスピード2021 二日目まとめ

二日目はフォードマスタングマッハE1400からスタートしクラシックカーやレーシングマシンが多数登場。
アストンマーティンヴァルキリーやアルピナB8など一部トラブルもありましたが、二日目はドリフトマシンの走行が特に注目でした。



毎回ケンブロックによるドリフトショーが披露されていましたが、
今年のフーニガンはトラビス・アラン・パストラーナと800PSを発揮するスバルインプレッサがFOSでデビューしました。


Pininfarina 2021-7-10
ピニンファリーナから公開された新モデルのティザー。
これはどう見てもバッティスタとは別のモデルですね。
おそらくEVモデルっぽいですが7月14日に詳細が公開されます。


それでも歩は寄せてくる(8) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

scv12でかくない?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示