スポンサーリンク

【ドムのチャージャーがついにEV化】ダッジは2024年からEVマッスルカーを発表


ステランティスグループ傘下のブランドDodgeは本日、電気自動車化に向けた新しいプラットフォームシリーズを発表し、
2024年から最初のパフォーマンスEVモデルとしてチャージャーのティザーを公開しました。
ついにV8マッスルカーもハイブリッドを飛ばしていきなりEVとして登場します。
正式発表はしていませんが、ブガッティも次期モデルからEV化するだろうしICEのダッジチャージャーの寿命はあとわずかとなってしまいました。
ワイルドスピードも11作品目が決まっていますが、次回作以降ドミニクも電気自動車乗ってそう。
ダッジ2024年にEV化マッスルカー4 2021-7-9


暗闇の中ホイルスピンをしてタイヤから煙を立ち上げるダッジのEVマッスルカー
68年式チャージャーのようなグリルデザインと60年代初頭から70年代のダッジに使用されていたFratzogエンブレムが復活しています。
いよいよ2024年に登場します。

ダッジEVマッスルカー3 2021-7-9
ダッジEVマッスルカー1 2021-7-9
いよいよマッスルカーですらICEからEVに変わる時代に入ってきました。
「ドロドロしたV8がアメ車の魅力でしょ〜静かなにEVとか(爆笑)」とか言う老害はセクシー環境大臣とグレタにチクってやるから覚悟しろ。
それに60年代のかっこいいアメ車のデザインが復活するなら文句ないだろ。



ダッジ2024年にEV化マッスルカー1 2021-7-9
ダッジ2024年にEV化マッスルカー2 2021-7-9
ダッジチャージャーはステランティスが開発したSTLAプラットフォームのラージモデルに基づいています。
これはAWDのパフォーマンEVモデルに使用されるEVプラットフォームです。
デュアルモーターを搭載し900馬力前後で約2秒で0-100km/hに到達します。
渡航距離は最大805kmと実用性も高い電気自動車です。
ICEが死ぬ時代の最大渡航距離が400km以下の高級車は流石にないでしょうね。
もしかするとダッジヴァイパーもEVで復活しそうかも。



そしてハマーEVやテスラサイバートラック、FORD F-150ライトニングのライバルになるダッジRAMもEV化
RAMは2030年までに全モデル電気自動車になります。
ステランティス傘下のジープは2025年までにプラグイン4xeバージョンを投入しすでにアナウンスされているマセラティもEV化が決まっています。

ステランティスは2025年迄に300億ユーロを投資しグループ傘下の自動車全てに電気自動車を導入します。


Anker Nano II 30W (PD 充電器 USB-C)【独自技術Anker GaN II採用/PD対応/PSE技術基準適合 】MacBook PD対応 Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応 (ブラック)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

EVのスーパカー乗るぐらいだったらチャリでいいやw

チラ見してるのって、チャージャーなのかな⁇
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示