スポンサーリンク

ケーニグセグはEVだけでは環境問題を解決出来ない。バイオ燃料がカギとなる。


世界中でICEからEVへとシフトチェンジが行われ、現在スーパーカーも電気自動車化が進んでいます。
最先端の技術を持つケーニグセグはこれからの未来、二酸化炭素排出量を削減するための唯一の答えが電気自動車ではない理由を述べており、これからのバイオ燃料の大切さを述べています。

ケーニグセグは現在、アイスランドで発明された半活火山から生成されるメタノール燃料のVulcanol(バルカノール)に注目している様です。
ケーニグセグ 合成燃料3 2021-6-17


クリスチャン・フォン・ケーニグセグCEOはクリーンテクノロジーについて電気自動車が全てではないと述べています。
まずEVの唯一の欠点は車の重量がかなり重くなり、充電するスピードが遅いのが欠点です。
バッテリーが重いほどハンドリングが犠牲になり、燃料と違ってカラになっても車重が軽くなる事がありません。
急速充電ステーションも沢山設置する必要があり大規模な投資が必要だし世界で普及させるにはまだ時間が掛かります。
ですがEVが定着し普及するのは間違いありません。
ケーニグセグ 合成燃料1 2021-6-17



ケーニグセグはEVの他にも現在開発が各社で進められているバイオ燃料にも注目しており、
特に新しい燃料のバルカノールは化石燃料よりも二酸化炭素排出量が90%少なく、自動車だけでなくすべての生産およびサプライチェーンで使用できるのがメリットでこれまでのエンジン搭載車でも空気を汚す事なくこれからも運転し続ける事が可能だと述べています。
ケーニグセグ 合成燃料2 2021-6-17
ケーニグセグから発売される2.0リッター3気筒ハイブリッドエンジンで1700馬力を発揮するファミリーカー「ジェメラ」ではE85燃料やバルカノールなどの次世代バイオ燃料に対応しEVだけではなく、エンジン搭載車でも環境に配慮した車を開発し続けます。


確かにEVモデルはどの車もバッテリーのせいで重量が2トン前後の車がほとんでそれを補う為2000馬力前後のスーパーカーが多く登場しています。
これによりハンドリング性能が悪くなり少しでも車重を減らす為、各社色々開発している段階です。
ソリッドステートバッテリーなども研究開発が進んでいますが、将来のバッテリーパックが今よりも半分以下のサイズになって容量も同じかそれ以上になるのが先かバイオ燃料が普及するのが先なのか分かりませんが、
バイオ燃料が普及さえしてくれればエンジンは死なずこれからも生き続ける事は可能です。



ちなみに、GEMERA(ジェメラ)とはスウェーデン語の2つの単語「ge」と「mera」を組み合わせたものです。「Ge」は与えることを意味し、「mera」はより多くを意味します。日本語では「もっと与える」ことを意味します。


真・女神転生V 禁断のナホビノBOX【同梱物】『真・女神転生V』ゲームソフト & シリーズ名曲メドレー弦楽四重奏アレンジ + 真V先行ミニサントラ & 悪魔真鑑 & ナホビノTシャツ & 特製ケース 同梱 - Switch



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示