スポンサーリンク

ダッジは史上最速の車としてEVデーモンを準備しテスラよりも速い車が誕生か


現在ICEで0-100km/hが最速なのがワイルドスピードアイスブレイクで先行デビューしたダッジチャレンジャーSRTデーモンの2.4秒(※オオプションのダイレクトコネクション・パワートレイン・コントローラーとオクタン価100のレーシング燃料を使用すると2.1秒)
という記録があります。過去10年間ずっと6.2リッター V8エンジンを使用していますがステランティスはいよいよダッジブランドのチャージャー、チャレンジャー、デュランゴなどヘルキャットモデルをEV化する事を検討しています。
V8マッスルカーもいよいよEV化の波が近づいてきているようです。
ダッジEV2 2021-6-14



ダッジEV1 2021-6-14
ダッジEV3 2021-6-14
現在最速の加速度を持つのが先日納車が始まったばかりのテスラモデルSプラッドの2.1秒。
ダッジはデーモンのEVモデルを計画しており、テスラよりも更に0-100km/hのタイムを縮める予定です。
時代とともに自動車も変化するのでいつまでもV8マッスルカーなんて発売するのは巨大企業では不可能ですし、
たとえこれからも大排気量のV型エンジンを発売してもヴァイパーの様に誰も見向きもしない車になってしまうので変化は必要です。
ゼネラルモーターズは2035年までにガストディーゼル技術を完全に捨てる事を計画しており、フォードも人気のトラックF-150もEV化しましたしバイデン大統領がEV化への投資を行っているのでダッジブランドも必ずEV化するでしょう。


840馬力を発揮するデーモンは0-100km/h最速のプロダクションカーとしてこれまで君臨していましたが
次期モデルはいきなりEVになるのかまずはハイブリッドになるのか?

けどスプリント記録を狙うのであればもうエンジンでは限界があるのでやはり電気モーター搭載モデルになりそうな気もします。


おねむたん 鬼滅の刃 伍ノ型 全5種セット スタンドストーンズ





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

EVってホイルスピンできるの?

No title

↑ 簡単だよ

一部の高級スポーツカー(ハイパーセダン)にしか採用されてない
トルクベクタリングなんてモンもEVなら簡単で、低価格なEVにだって採用可能なシステム
勿論、ドリフト(テールスライド)だって楽々。

ゼロヨンならバッテリーも最小限でいいな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示