スポンサーリンク

【速報】いよいよランボルギーニも全モデル電化すると正式に決定。フルエレクトリックの第4のモデルも2030年に登場


先ほど行われた未来に向けたプレゼンテーションにてランボルギーニCEOのステファンヴィンケルマンCEOは電化を行うことを発表しました。
ランボルギーニの歴史上最大の投資となる4年間で15億ユーロを投資し、2024年までに全ラインナップをハイブリッド化。2025年初頭までにCO2排出量を50%に削減し、10年後には第4のモデルでランボルギーニ初のフルエレクトリックモデルを追加すると発表しました。
ランボルギーニ第4のモデル1 2021-5-18


ランボルギーニの電化への計画は大きく進みます。
まず内燃機関モデルは2022年で終了。
V12モデルラインナップモデルの新車は2021年内に2台発表されます。
ミウラオマージュの後にアヴェンタドールSが出たし、この2台がカウンタックオマージュのクーペとロードスターでしょうね。これが自然吸気V12だけで走る最後のランボルギーニになります。
ランボルギーニ第4のモデル4 2021-5-18


そして2024年末までにはハイブリッドへと移行します。
4年間で15億ユーロ以上と言う歴史上最大の投資を行い変革を進めます。
2023年にランボルギーニ初のハイブリッドモデルを発売し、2024年迄にV10、V12モデル、SUV全車ハイブリッド化されます。
最初のハイブリッドはウルスなのか不明ですが、2023年~2024年に掛けて次期V10、V12モデルが登場する事が示唆されます。

ランボルギーニ第4のモデル2 2021-5-18


全モデルラインナップが全てハイブリッド化した後、10年後の2030年には完全にEV化した初のランボルギーニが登場します。
第4のモデルとなるEVランボルギーニは未来のEV技術を使っているので現在のEVスーパーカーに比べ圧倒的なパフォーマンスを確保し、ランボルギーニのトップカテゴリの車として登場します。
おそらく現在のV12モデル以上の運動性能と軽さを持った最強のランボルギーニなるでしょう。
ランボルギーニ第4のモデル5 2021-5-18




ランボルギーニ第4のモデル3 2021-5-18
今日の発表ではシアンベースのカウンタックオマージュが出るなんてデマを流すサイトもあったみたいですが
なんで超限定のシアンをベースに更にガワを変える必要があるんだよ?しかもシアンのデザインは元からカウンタックのオマージュなんだけど。
普通わかるだろ。
それにしてもいよいよランボルギーニも電化に向け大きく変わっていきます。

最後までV12エンジン作ると以前から言っていましたが、ハイブリッドになるとは言えV12エンジンは2030年までは最低でも作るって事でしょうね。
この間に規制が厳しくなる可能性は十分あるので実際にはもっと早く寿命がきてしまいそうですが。
10年後に登場する第4のモデルでランボルギーニ初の電気自動車がトップカテゴリーのモデルになると言うことで非常に楽しみです。




キャラクタースリーブ TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』 トウカイテイオー (ENM-014)




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

アヴェンタベースのカウンタックオマージュでるよ。

No title

マイルドハイブリッド=電動化 これが現実。

No title

ランボのEVとかハイブリットなんかむちゃくちゃ燃えそうやねw
まつりだまつりだーい

最後のV12がデザイン微妙なSってなあ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示