スポンサーリンク

グリルはデカくなるのか?2022年BMW2シリーズクーペのティザーが公開


プレミアムコンパクトセメグメントのスポーツカーであるNEW BMW2シリーズのティーザーが公開されました。
2022年モデルの2シリーズは現在ドライビングダイナミクスのチューニングテストを完了し開発は最終段階に向かっています。2021年夏の終わりに生産が開始予定です。
P90420713_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17



レーストラック条件下でのドライブ及びサスペンションシステムのテストとチューニングを行っており、
2ドアコンパクトスポーツカーはスポーティーでエモーショナルなドライビングエクスペリエンスを提供します。
2022年モデルの2シリーズクーオエのアピールポイントは後輪駆動、強力な直列6気筒エンジン、重量配分50:50をほぼ実現しています。
P90420727_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420723_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420711_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420696_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420659_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420661_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
P90420627_highRes_the-all-new-bmw-2-se 2021-5-17
2シリーズクーペにはもちろんMバージョンもトップカテゴリーに設定されており、
最上級モデルのBMW M240ixDriveクーペは主にニュルブルクリンクで開発された6気筒ガソリンエンジンを搭載し374馬力と8速ステップトロニックスポーツトランスミッションと組み合わされます。

2022年2シリーズクーペはボディの捩れ剛性は前モデルと比較し約12%向上、
新しい車両コンセプトのおかげでよりスポーティなコーナリング性能が上がり、ボディロールとホイール荷重の変動を効果的に低減します。

BMW2シリーズクーペのすべてのモデルバリエーションには、ストロークに依存するダンパーも標準装備されており、その微調整により、スポーティさと乗り心地のバランスが著しく最適化されています。わずかな路面の凹凸に敏感に反応し、振動を補正して快適性を最適化します。大きなバンプを乗り越えるとき、体の動きはそれに応じてより高いダンパー力によって制御されます。ニューBMW2シリーズクーペのオプションとして、アダプティブMシャーシが提供されます。その電子制御ダンパーは、スポーティな運転と快適性を重視した運転の両方に適切なマッピングをアクティブにするオプションを提供します。



インフェクション(23) (講談社コミックス) コミック – 2021/5/17



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ヘッドライトはグリルの中…ではなさそうだ。
まだまだちっさいな。

小さそうと見せかけてクソデカいグリル採用するだろこれ

No title

クソでかグリルならば、中央下部に偽装がないのと矛盾する。
センサーっぽいものが付いているし、上下は繋がら無さそう
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示