スポンサーリンク

大ヒットしたタイカンに続く電気自動車ポルシェマカンEVプロトタイプが公開


ポルシェは現在、コンパクトSUVのマカンの次世代モデルを開発中です。
次世代のマカンのバリエーションにはフルエレクトリックが加わり、現在2台のマカンEVがカモフラージュされた状態で各地でテストしています。
ポルシェの開発にはこれまでの実車を使ったリアルと仮想空間を使ったデジタル開発の両方を使って車を作っています。
電動化したマカンは2023年に市場に導入する予定でリアルとデジタル技術を使用し、様々な条件下の元、世界で約300万キロ以上走行します。
マカンEVプロトタイプ1 2021-5-10


聞き慣れない「デジタル開発」とは時間とコストを節約するだけでなく、リソースを節約するため、持続可能性を高めます。エンジニアは、実際の車両の代わりに、デジタルプロトタイプを使用します。
これは車両の特性システム、および動力ユニットを高精度で複製する計算可能になっており、
空気力学、エネルギー管理、音響システムなど20台のデジタルプロトタイプを使用し仮想空間で車を開発します。
ブガッティなどもそうですが、仮想空間で開発をする事でモックアップなど作る必要が無くなり、開発スピードが上がりコスト削減につながっています。
このデジタル開発では電気モーターなど駆動系などのテストにどんな過酷な気温でも対応する為開発が行われています。
マカンEVプロトタイプ3 2021-5-10


デジタル開発は籠城テストの結果にも直接反映されます。様々な条件下での耐久試験は実際の車両を使ってテストを行います。
アンチEV派の皆さんは必ず「大雪の時に立ち往生したらどうするんだ?」と言う人が居ますが、当然厳しい寒冷地のほか危険な暑さなどの地域でも耐久テストが行われます。
てか予測できない地震じゃ無いんだからそもそもそんな日に移動するなよって話だしガソリン車だから安心ってわけでもない。
マカンEVプロトタイプ4 2021-5-10
マカンEVプロトタイプ5 2021-5-10
マカンEVプロトタイプ6 2021-5-10
2024年ポルシェマカンEVはタイカンと同じ800ボルトのアーキテクチャを使用するパフォーマンスSUVです。
プレミアムプラットフォームエレクトリックを採用した最初のポルシェで2023年に発売されます。
EVはヨーロッパで需要は非常に高くみんなガソリンからEVへの変化に対応していますが、日本の様にハイブリッドが高性能だった国ではEV化が遅れがちです。

もちろん2024年ポルシェマカンはEVだけではなく、新しいエンジンを採用したモデルも登場します。
4ドアセダンのタイカンがあれだけヒットしたので人気のSUVの電気自動車なのでマカンEVも相当ヒットしそうですね。


声優グランプリ2021年 06 月号 [雑誌] 雑誌 – 2021/5/10




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

材料があの国に偏るからね。
調達が大変だ。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示