スポンサーリンク

【超速報】V12最新モデルとなるフェラーリ812コンペティツィオーネがワールドプレミア


フェラーリはフィオラノサーキットにてV12エンジンを搭載した最新モデル「フェラーリ812コンペティツィオーネ」と「812コンペティツィオーネA」をワールドプレミアしました。
これは812スーパーファストのハイパフォーマンスモデルでモーターアシストやターボシステムなど非搭載の最後のV 12自然吸気エンジンモデルとなります。
812VSや812GTOなど色々モデル名が噂されていましたが、812コンペティツィオーネと当てたのはフェラーリランボルギーニニュースだけで今回もどこよりも早く紹介できました。
Ferrari 812 Competizione A3 2021-5-5


フェラーリ812コンペティツィオーネとフェラーリ812コンペティツィオーネA(アペルタ)には6.5リッター V12自然吸気エンジンを搭載し830馬力/692Nm。812スーパーファストよりも30馬力/26Nm多くなっています。
車重は1487kg
0-100km/h2.85秒、0-200 km / h7.5秒、最高速度は340km/h以上。
最高速度は812スーパーファストと同じですが、0-100は0.05秒短縮されています。
最大エンジン回転数は9,500 rpmとなり、これまで発売されてきたどのフェラーリよりも高回転でエンジンを回します。
Ferrari 812 Competizione A2 2021-5-5
新ソリューションは、SSC システムの進化をもたらしました。SSC システムは、社内で開発された全制御システムをまとめ、共通の動的制御言語を使って全システムの活動を統合し、効率性を高めています。「サイド・スリップ・コントロール」の 7.0 が統合するシステムには、電子制御ディファレンシャル(E-Diff 3.0)、トラクション・コントロール(F1-Trac)、磁性流体サスペンション・コントロール(SCM-Frs)、限界域でブレーキ圧による制御を行う FDE(マネッティーノの Race とCT-Off で作動)、そして、電動式前輪ステアリングと電子制御式独立後輪ステアリングを統合するバーチャル・ショート・ホイールベース 3.0 があります。

車両をできる限り軽量化することにも特別な注意が払われ、その結果、総重量は 812 Superfast から 38 kg 削減されました。主に貢献したエリアは、パワートレイン、駆動装置、ボディシェルです。エクステリアには幅広くカーボンファイバーを使用しました。代表的なものがフロントバンパー、リアバンパー、リアスポイラー、エアインテークです。

パワートレインの重量削減では、チタン製コンロッド、軽量化したクランクシャフト、12 V のリチウムイオン・バッテリーが貢献しました。コックピットのデザインにも注意が払われ、カーボンファイバー製トリムの幅広い使用や軽量な高機能ファブリックの採用、遮音材の削減が行われました。スポーティーで軽量な鍛造アルミニウム製リムとチタン製スタッドも貢献しています。
60900063228b5d3c5ad4fdad-ferrari-812-competizione-a--aerodynamics-focus-update 2021-5-5
パワートレイン
812 Competizione と 812 Competizione A は、自動車の世界で最も刺激的な V12 エンジンを搭載します。ベースは 812 Superfast に搭載された複数の受賞歴を誇るエンジンで、そこから派生したこの自然吸気エンジンは、最高出力 830 cv という目を見張るパワーに加えて、衝撃的なパワーデリバリーと、フェラーリ V12 の信奉者にはおなじみの他の追随を許さないサウンドを兼ね備えています。排気量は 812 Superfast の V12 と同じ 6.5 リッターですが、様々なエリアに大幅に手を加えて出力を高め、レッドゾーンの新記録を樹立するとともに、吸気システムの流体力学と燃焼を最適化し、内部摩擦を低減しました。

最高回転数は 9,500 rpm に達し、トルクデリバリーのクレッシェンドとともに、パワーと加速が尽きることなく滑らかに高まる感覚を生み出します。これは、コンロッドやピストン、クランクシャフト、バルブトレインなど、エンジンの主要コンポーネントを細部まで再設計した結果です。たとえばチタン製コンロッドはスチール製より 40%軽量ですが、機械抵抗は同じです。一方、ピンストンピンにはダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)コーティングを施し、摩擦係数を低減して、パフォーマンスや燃費の向上、摩耗の低下につなげました。こうした改良に加えて、クランクシャフトはバランス取りを行い、以前のバージョンより 3%軽量化されています。
Ferrari 812 Competizione A1 2021-5-5
ferrari 812gto3 2021-4-21
量産車では初めて完全に閉じたリアスクリーンが特徴で特許取得済みのボルテックス。
ボルテックスジェネレータースクリーンのおかげてより効率的にダウンフォースを発生させます。
新しいエアロデザインのおかげでブレーキの冷却性能も改善されボンネットに追加されたブレード付きエアインテークによって軽量化にも貢献しエンジンかの放熱効果もより高まります。




全長4,696mm
幅1,971mm
高さ1,276mm
ホイールベース2,720mm
フロントトラック1,672mm
リアトラック1,645mm
乾燥重量1,487 kg
乾燥重量/出力1.79kg / cv
重量配分フロント49%–リア51%
燃料タンク容量92l

フロント275 / 35ZR20; 10インチJx20インチ
リア315 / 35ZR20; 11.5インチJx20インチ

ブレーキサイズ
フロント398mm x 223 x 38 mm
リア360mm x 233 x 32 mm

フィオラのサーキットのラップタイムは1分20秒
正式な限定台数や価格はまだ公開されていませんが、クーペが899台で7200万円〜、
アペルタが499台で1億3100万円〜と言われています。
【超速報】5月5日に発表されるフェラーリ新型V12モデルが先行公開


【世界限定15個】特注品 BBR 1/18 Ferrari 812 GTS rosso formula1 2007 フェラーリ メタリックレッド 特注台座 ケース付 W



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん、カミさんがいいて言ったら買いに行こ

ノーマルの812比で30馬力アップ/38Kg軽量じゃ、公道だと大した性能差は無いね。
サーキットなら、ダウンフォースの違いや足回りのセッティングで明確な性能差はあるだろうけど。
しかし、クーペとオープンの2モデル同時発表は誰も予測出来なかっただろうなー。

No title

スペック誤差でワロタ
これドライバーが痩せた方が速いだろ

お散歩用と子供の送迎用に一台ずつ予約してあります。

見た目カッコいいね。

No title

今回狙っていた人多かったみたいだけど購入条件はどうだったんだろう?
特にオープンの方はラフェラーリ持っているクラスじゃないと無理だったのかな?

屋根を取るだけで、6000マンも高く売るか、、、
これを300台で、利益率としては凄まじいね

No title

30馬力上がって 38kg軽くなったら
サーキットでは変わるよ。
パワーウェイトレシオ『計算』できる〜
※3
お前太ってるだろ〜w

No title

※3が痩せましょうねかww
  まぁ頑張って👍

No title

↑↑お前らがじゃろ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示