スポンサーリンク

プラグインハイブリッド車の「死」が近づいているけど本当にEVはクリーンなの?


プラグインハイブリッド車(PHEV)が、気候変動から地球を守る環境に優しい技術として登場してから、まだそれほど時間が経っていません。しかし、2025年から欧州で施行される排ガス規制の強化に伴い、欧州では将来的に廃止される可能性があり、厳しい状況が続いています。

内燃機関と1つまたは複数の電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド車は、「移行」技術として発売されましたが、2026年以降はプラグインハイブリッド車を「実行可能な投資」として表示しないという欧州連合の政治的計画により、最終的には自動車メーカーが想定していたよりも短命に終わることになり、投資家の抑止力となる可能性があります。
ハイブリッド3 2021-4-18


025年以降に施行される排ガス規制の強化により、プラグインハイブリッド車の生産コストが上昇し、採算が取れなくなる可能性がある。欧州委員会は今年、あらゆる分野の排出量を削減するために、少なくとも12の法案を提案する予定です。

EUが制定するこれらの改革の目的は、完全な電気自動車への移行を加速させるだけでなく、気候目標を達成することにもあります。同時に、ハイブリッドカーを電気自動車と同等に扱うCO2基準などの既存のEU政策からの転換を図るもので、自動車業界はこの技術に数百億ユーロの投資を行ってきました。
ハイブリッド2 2021-4-18
一部の自動車メーカーは、EUがこの移行を早急に抑制する可能性を懸念しており、純粋な電気自動車に対する消費者の懸念や充電インフラの不足にもかかわらず、数年後には次期規制(ユーロ7)によって欧州市場でのプラグインハイブリッドカーの販売が困難になる可能性があると警告しています。

ベントレーのCEOであるAdrian Hallmark氏は、プラグインハイブリッド車への投資はもはや実行可能なものとして分類されるべきではないという提案に言及し、次のように述べています。

「2025年までにこれを行うことは、実質的に今日の需要を殺していることになるので、クレイジーです。多くの人にとって、バッテリー駆動の電気自動車はまだ現実的ではありません。

ベントレーは、純粋な電気自動車の販売を開始する前に、2030年までにプラグインハイブリッド車を販売する意向を表明しています。

PHEVは、ゼロエミッションモビリティへの移行技術です。2050年に総合的な気候ニュートラル目標を達成するためには、それまでに走行中のほぼすべての自動車がゼロエミッションでなければなりません。
国際クリーン輸送協議会(ICCT)が昨年10月に発表した調査結果によると、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルの実際の排出量は、テストサイクル(NEDCまたはWLTP)にかかわらず、各社が発表している排出量の2倍から4倍であり、内燃機関自動車の排出量と大きな差はないと報告されています。さらに、定期的に充電しないと、プラグインハイブリッド車のCO2排出量がガソリン車やディーゼル車よりも悪化する可能性があると発表しています。
ハイブリッド1 2021-4-18
日本のハイブリッド技術が凄すぎてヨーロッパメーカーは勝てないからハイブリッド規制も反対するメーカーがほとんど居なくてすんなり法案が通った感じだけどいよいよハイブリッドの寿命も短くなってきましたね。
そりゃパガーニやロールスロイスなど一部メーカーはハイブリッドを飛ばしてEVに移行するわけだ。


ゴブリンスレイヤー(11) (ビッグガンガンコミックス) コミック – 2021/4/24


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

火力発電使ったら、内燃機関に対する外燃機関になるだけだよな

そんなに環境が大事なら人類がいなくなるのが一番ですよね()

 EVは完全にクリーンです。

No title

クリーンな電気を作るフランスは80%原子力発電
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示