スポンサーリンク

ランボルギーニは400台目となるウラカンレーシングカーの生産を祝う


2014年の発表以降、ウラカンスーパートロフェオとGT3がサンターガタ・ボロニェーゼの生産工場にてロードカーと同じラインで作られており、400台目のレーシングマシンとなるウラカンGT3EVOがロールアウトしました。
ワンメイクレース用のスーパートロフェオは北米、ヨーロッパ、アジア、中東でのワンメイク用マシンとしてガヤルドの後継モデルとして2014年に発表されました。

そしてGT3とその後継のGT3EVOはデイトナ24時間耐久レースを3連覇、セブリング12時間耐久でも2度優勝しその他レースで100勝以上の成績を納めています。
ウラカンスーパートロフェオEVO4 2021-4-6



ウラカンスーパートロフェオEVO1 2021-4-6
ウラカンスーパートロフェオEVO2 2021-4-6
ウラカンGT3EVOは去年だけでも国内外15のレースで24のチーム、88人のドライバーが合計20,000kmをカバーしました。
スクアドラコルセのレーシング技術が入ったウラカンSTOはまさにこのスーパートロフェオとGT3の公道モデルとなります。


ウラカンスーパートロフェオEVO3 2021-4-6
ランボルギーニのCEOに復帰したステファンヴィンケルマンが流行らせた通称「ランボ立ち」での記念撮影。
これがゲーセンの場合「ベガ立ち」になります。

可愛いだけじゃない式守さん(8) (KCデラックス) コミック – 2021/4/9




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示