スポンサーリンク

【全ての感覚の為のデザイン】2022メルセデスベンツEQSのインテリアが先行公開


現在の自動車は物理ボタンを無くし、フルデジタル化されiPadの様なタッチパネルを搭載する車が多くなっています。
メルセデスベンツはオールエレクトリックラグジュアリーサルーンのEQSにてAピラーの端から端までOLEDフルデジタルディスプレイ化しAIを搭載したMBUXハイパースクリーンを備えた新しいインテリアが完全に公開されました。
EQSは高級およびエグゼクティブクラスの電気自動車用のモジュラーアーキテクチャに基づく最初のモデルでもあります。テクノロジー、デザイン、機能性、接続性を融合させたEQSは、ドライバーと同乗者の両方を楽しませます。
2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア1 2021-3-28



2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア7 2021-3-28
2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア3 2021-3-28
2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア2 2021-3-28
2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア6 2021-3-28
2022年メルセデスEQSの未来的なインテリア5 2021-3-28
Sクラスの電気自動車版となるEQS。
さすがメルセデスといった感じのインテリアデザインでは無いでしょうか?
ほぼゲーミングPCの様なスペックを持った人工知能搭載のMBUXハイパースクリーンはこれまで以上に直感的に操作が出来る様になっており、触覚フィードバック機能が付いているのでタッチスクリーンを押した様な感覚もあります。
咄嗟の操作が必要になるハザードなどはセンターコンソールに物理ボタンとして設置してあります。

花粉症の人には嬉しいHEPAフィルターを搭載し花粉や細かい埃や臭いなど外気をキレイにしてくれる空気洗浄システムも入っています。

メルセデスベンツEQSはメルセデスベンツの最新の自動車生産施設であるジンデルフィンゲン工場の「ファクトリー56」でSクラスおよびメルセデスマイバッハSクラスと完全にカーボンニュートラルに基づいて生産されています。
バッテリーシステムはヘーデルフィンゲン工場の近くのメルセデスベンツウンターテュルクハイムの場所で生産されています。EQSは今年8月にヨーロッパで発売される予定です。

【完全にナイトライダー】8コアCPUを搭載した人工知能MBUXハイパースクリーンが公開


転生したらスライムだった件 18 (GCノベルズ) 単行本(ソフトカバー) – 2021/3/31



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まるで場末のラブホ

結構好きだけど、タッチパネルって消耗品だからなぁ

No title

車もスマホと同じで壊れる前に買い替える時代なんやね

No title

すぐ壊れそう
ただでさえ低品質のメルセデスなのに

タッチパネルが壊れやすいのは世界共通
エンジンなんて世界中どこのメーカーも10年壊れんもん
わざわざリスク増える作りにするのは謎
最近の車は電気系統複雑すぎる
だいたいこの辺から壊れるのに

No title

ドイツ車って小手先だけは立派に見せて人間工学全く無視だもんなぁ
特にメルセデス

欧州はEVにこだわる前に長期間使える車を作ったら?もっとアナログな車の方が長く乗れるでしょ
あれだけ環境環境言ってるのにやってることがメチャクチャ

No title

かならず日本のメーカーはこの影響を受けるね

No title

長く使える車を作れw
乗り換えないと税金が高くなるクソ税制をしいてる国の人間が言えることじゃないなw

No title

長く使える車を作れw
乗り換えないと税金が高くなる税制をしいてる国の人間が言えることじゃないなw

ヨタ社員「またパクらせてもらうニダ!簡単に儲かるニダ!」

No title

1年もたたずに壊れそうだな

個体差によってはマジでそうなるね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示