スポンサーリンク

グリーンメルセデス?挑戦者として新たに参戦するアストンマーティンAMR21とヴァルキリーが公開


F1グランプリに61年ぶりに復帰するアストンマーティンF1チームの新型車【AMR21】とAMR21と同じカラーリングのハイパーカー「ヴァルキリー」が初公開されました。
元々はピンクメルセデスと呼ばれていたレーシングポイントF1チームでしたが、今年からはフェラーリから4度のF1世界チャンピオンに輝いたセバスチャン・ベッテルを新たに獲得してランス・ストロールとペアを組んで戦います。
スポンサーにはアメリカIT大手のCognizant率いるグローバルパートナーによって支えられます。
Gemma_ArtertonAston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2101.jpg



Aston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2103.jpg
AMR21にはハイブリッドエネルギー回生システムを備えたターボチャージャー付きメルセデスAMGF1 M12 Eパフォーマンスエンジンを搭載。
本日シルバーストン・サーキットで開催されるプロモーションデイにて初披露を行い、12日からバーレーンで行われるテストプログラムに参加します。
他のチームと同じくF1の大幅なルール変更はパンデミックの影響で来年に持ち越されるのでダウンフォースを減らす事を中心に空力パーツのアップデートに留まっています。

また、アストンマーティンは新たにF1に参戦する事で500人の専門チームを結成し2022年後半にシルバーストンで建設される新しいファクトリーを中心に開発を来年以降も行います。

Aston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2106.jpg
Aston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2110 (1)
Aston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2102.jpg
Aston_Martin_Cognizant_Formula_One_TeamAMR2105.jpg


アストンマーティンAMR21と同じカラーリングのヴァルキリーも初公開。
ヴァルキリーにはメルセデス製ではなく、コスワース製6.5リッターV12エンジンとリマック製ハイブリッドシステムが搭載されます。
ル・マンハイパーカークラス撤退は残念でしたがヴァルキリーのエンジン音はやはり迫力がありますね。

ちなみにヴァルキリーは今となってはライバルチームのレッドブルレーシングの技術で作られたハイパーカーです。
ヴァルキリーオーナーの方はレッドブルカラーにするのかアストンマーティンカラーにするのか……。


チェンソーマン 11 (ジャンプコミックス) コミック – 2021/3/4



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1人乗り1.6LのF1が2人乗り6.5L市販車よりはるかにデカいってなんか変

アストンマーティンと書いてあるが
ボロセデスごときの下請けに成り下がったか

すでに市販車のエンジンもメルセデスだよ?☆
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示