スポンサーリンク

地球最速1600km/h出せるブラッドハウンドが再び売却…これが最後のチャンスらしい。


1997年からスタートしたブラッドハウンドプロジェクト。
まるで戦闘機の様な「自動車」をつかって地球最速の時速1600km/hを樹立するという非現実なチャレンジに挑戦しています。
このチャレンジは非常に無謀で当然ながら莫大な開発費が必要でブラッドハウンドプロジェクトはこれまで資金調達において多くの困難に直面しています。

2008年12月にはとうとう資金難で売りに出され新しいオーナーが誕生しましたが、昨日再び売却され新しいスポンサーを探しています。
86464iuhiuhi.jpg



Bloodhound-LSR-2.jpg
2018年12月に投資家のIan Warhurstに救われたブラッドハウンドLSRは南アフリカのカラハリ砂漠でテストを行い時速1010km/hまで到達。
2022年には時速1287km/hを出すテストを行う予定です。
ブラッドハウンドの発表ではこのデカい車を南アフリカまで運んでテストする費用は1億1000万円も必要になります。

当初の予定では2020年に行う予定でしたが、パンデミックの影響で延期。
現在世界最速を持つThrustSSCが1997年に1228km/hを記録しましたが、ブラッドハウンドは1997年以来破られていなかった記録を突破し最終的には時速1600km/hに挑戦する計画です。


Bloodhound_LSR_0012.jpg
ブラッドハウンドはこれがプロジェクトを救う最後の望みとしており新しい投資家を募っています。
流石にもう今回は救ってくれる人は居ないかも・・・
前回は40億円で売られたと報道されていたけど、今回は一体いくらかかるんだろうか?
それにしても1回テストするにも1億円ってコスパ悪いな。


ブガッティシロン VS F1 ブラッドハウンドLSRのドラッグレースが凄いwwwww
関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地面の凸凹と車輪の抵抗、気圧の抵抗がある戦闘機じゃん
もう飛べよ

No title

80km/h超えたら翼さえちゃんとすれば飛べる。それでも飛ばないように地面に押さえつけて進化してきた自動車のロマンある挑戦に野暮なこと言うなよ

そうか〜間もなく飛ぶのか〜…で、次は宇宙まで行くのか…凄いプロジェクトだ!

80km/h程度じゃ飛びませんよ。

重さによるだろ
紙飛行機なんて80kmも離陸速度いらんし

紙飛行機がどうやったら80km/hも出すんですか〜?
自動車で80km/hで飛ぶのは不可能です。

ジェットのせても1300キロしか出ないのかwww
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示