スポンサーリンク

ブガッティは誤差0.1mmの精度で作れる3D金属プリント技術を開発


ブガッティ製レーシングハイパーカー「ボリード」これはブガッティが2017年から本格的に開発を進めている新開発の3Dプリント技術で作られています。
ボリードに搭載されているチタン製プッシュロッドは特に軽く、重量はわずか100グラムで最大3.5トンの力を電鉄する信じられない強度をもうパーツで他社の3Dプリント技術よりも更に優れた技術で車を作っています。
この新開発の3Dプリント技術を使えば複雑な骨の様な構造を持った軽量かつ驚くべき剛性を得る事が可能です。
02_bugatti-bolide_3d-print.jpg



03_bugatti-bolide_3d-print.jpg
08_bugatti-bolide_3d-print.jpg
09_bugatti-bolide_3d-print.jpg
05_bugatti-bolide_3d-print.jpg
04_bugatti-bolide_3d-print.jpg
06_bugatti-bolide_3d-print.jpg
2018年には3Dプリンターで作られた世界最大級のチタン製ブレーキキャリパーを公開したりとブガッティは金属3Dプリントの分野で技術的なリーダーでこれまで登場しているシロンの派生モデルにマフラーエンドなどたくさん利用されています。

ブガッティボリードにはターボファンを搭載していますが、これにはチタンとカーボンを合わせたハイブリッド構造で作られており、
ほとんどのパーツでチタンとカーボン、またはチタンとカーボンを組み合わせたハイブリッド素材のパーツが3Dプリンターで作られています。

この技術によってボリードは車重わずか1240kgしか無いにもかかわらず8.0リッターW16エンジンを搭載し最大1850PS/1800Nmと言う信じられない数値を実現しています。
ボリードはF1マシン並みのハンドリング性能を持ちつつ最高速度500km/h、
ニュルブルクリンクは5分23秒で走れます。
当然トヨタGR010ハイブリッドはおろかポルシェ919ハイブリッドEVOよりも圧倒的に速いです。


【なるほど分からん】ブガッティボリードに搭載されるディンプルエアスクープがなんかキモい



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ヨタヲタ「ぐぬぬぬ、、、」

No title

世界中で、すでに使われている普通の技術ですよ
高額な車だから、採用できただけであってさ。

実際に出した訳じゃない上、ボロクソワーゲングループの事だから平気でインチキしてそう

実際に作ってんだから早くニュルで走れよ

ただの出る出る詐欺車

No title

電鉄

No title

コレ、また中国人(Mr.Z)がレプリカ作るんだろうな
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示