スポンサーリンク

ロードアトランタでポルシェパナメーラが量産車最速記録の1:31.51を達成


2021年モデルのポルシェパナメーラターボSはアメリカにあるミケリンレースウェイロードアトランタにて1:31.51を記録し量産車最速セダンの記録を更新しました。
去年同じコースを電気自動車のタイカンターボSが走りましたがタイカンのタイムは1:33.88でした。
Papaya_Metallic_Panamera_Turbo_S_Road_Atlanta (2)



Papaya_Metallic_Panamera_Turbo_S_Road_Atlanta (1)
昨年発表された2021年ポルシェパナメーラターボSはこの春からディーラーに並びます。
ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)、ポルシェトルクベクタリングプラスなどパフォーマンス重視の装備が標準装備されているポルシェの最も高性能な4ドアサルーンです。
他にもリアアクスルステアリングおよびポルシェダイナミックシャーシコントロールスポーツロールスタビライザーシステム(PDCCスポーツ)など装備されています。

今回の挑戦にはオプションでミシュランと共同開発したパイロットスポーツカップ2ND0ウルトラハイパフォーマンスタイヤ(フロント275/35 ZR 21 103Y XL、リア325/30 ZR 21 108YXL)が装着されています。
「N」と言う名が付いたタイヤはニュルブルクリンクに対応した高性能タイヤです。


Papaya_Metallic_Panamera_Turbo_S_Road_Atlanta (4)
Papaya_Metallic_Panamera_Turbo_S_Road_Atlanta (3)

パナメーラターボSは4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し630馬力/820Nm
0-100km/hが3.1秒、最高速度315km/h
とても4人乗りのセダンとは思えないほど高性能な車です。
サーキットのラップタイムと言えばもう完全にポルシェに勝てるメーカーは存在しないですね。
レーシングカー、スーパーカー、EV、セダン、すべてのジャンルでポルシェが王です。

ホ○ダみたいにFF駆動最速とか変則的なルール付けないとほぼ勝てない状況ですが、まだEVはタイカンしか出していないのでポルシェに勝てる可能性があります。


【愛蔵版】新世紀エヴァンゲリオン (1) ([バラエティ]) (日本語) コミック – 2021/1/26




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示