スポンサーリンク

BMW i4セダンは最高のコーナリングダイナミクスが約束されたただ一つの電気自動車


今年から量産が始まるiXの他にポルシェタイカンやアウディetron GTとライバルとなるBMW製4ドアセダンEVモデル「BMW i4プロトタイプ」が公開。
フルエレクトリックモデルのi4は最適なバランス調整によりBMWの特徴でもあるスポーツ性が電気自動車でも保証されます。
正確なハンドリングに魅力的なコーナリングダイナミクス、バランスの取れた快適性など電気自動車になっても高性能スポーツセダンのDNAはそのままです。
P90412286_highRes_bmw-i4-prototype-fin.jpg



P90412303_lowRes_bmw-i4-prototype-fin.jpg
BMW i4は3シリーズと4シリーズのプレミアム市場で人気の車がベンチマークとして開発されています。
完全にゼロから設計されたi4は4ドアグランクーペスタイルの電気自動車としてBMWが持つスポーティーなDNAを備えた初めてのセダンです。
はi4は530馬力を発揮し、0-100km/hは4秒
ドライビングレスポンスは非常に優秀で発進時のディッピング動作が低減されています。
BMWが開発した非常に高速で正確な制御を備えたアクチュエーター関連のホイールスリップ制限(ARB)により、最適なトラクションを設定し滑りやすい路面でも常に安定します。
激しい加速や原則厨であっても簡単に制御出来るようになっており安全性も高く、
道路の凸凹もほとんど受けないサスペンションを搭載しています。


P90412311_lowRes_bmw-i4-prototype-fin.jpg
P90412316_lowRes_bmw-i4-prototype-fin.jpg
P90412309_lowRes_bmw-i4-prototype-fin.jpg
BMW i4の開発は最終段階で数ヶ月にワールドプレミアされる予定です。
ユーチューブではBMW i4プロジェクトリーダー自らが運転しハンドリング性能を披露しています。
i4のバッテリーサイズは80kWh、バッテリーだけで550kgもします。
フル充電で最大600キロ(WLTP)走行可能で150kWの高速充電器を使えば35分で80%充電可能で6分の充電で100キロ走行可能なので日常使いにも全く問題になりません。


「電気自動車ならクソデカグリル必要無いんじゃないか?」と思う人が多いとも居ますが、確かにグリルは必要ありませんが、BMWの電気自動車にはキドニーグリルの位置に色々なセンサーを搭載するみたいなのでi4でも引き続きクソデカグリルになります。



figma Fate/Grand Order アルターエゴ/沖田総司[オルタ] ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

どういう意味なんだろうか。

No title

確かに意味不明だな。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示