スポンサーリンク

【500万切ったぞ!】GLAの電気自動車版でEQブランドのエントリーモデルとなるメルセデスベンツEQAデビュー


メルセデスベンツはEQCを既に導入済みで街中でも走っている所を見かける場面も多いですが、EQブランドの新しいエントリーモデルとしてEQAをワールドプレミアしました。
EQAはメルセデスベンツ初のコンパクトSUVモデルでGLAのEV版です。
価格はドイツ本国で598万円~
日本ではおそらく+50万~100万前後で発売されると思われます。
ベンツEQA (2)



ベンツEQA (1)
発表されたのはEQA250で今後更にバリエーションが増えます。
スペックは66.5 kWhのリチウムイオンバッテリーパックとシングルシーター(eATS)を搭載し190馬力/375Nm
フル充電で486キロ(NEDC)走行出来ます。
また更に強力なeATSモーターでは268馬力になり500キロ(NEDC)走行可能です。
急速充電ステーションでは30分でフル充電。
Cd値はわずか0.28と非常に優れており最適化されたボディーラインと空力ホイールのおかげで空気抵抗係数を極力減らし少ないパワーで効率よく距離が走れるコンパクトクロスオーバーEVです。


ベンツEQA (6)
ベンツEQA (4)
ベンツEQA (3)
ベンツEQA (5)
0-100km/hは8.9秒
最高速度160km/h
デザインはAMGラインとエレクトリックアート、そしてナイトパッケージで発売されます。
EQA250はドイツ本国では598万円ですが、政府から75万円とメルセデスベンツから環境ボーナスとして38万円の補助金が入るので485万円で購入できます。




CES2021で発表された次世代のMBUXハイパースクリーンは入らないだろうとは思ってたけど、
BMWと違ってスマホが鍵になるデジタルキーシステムにはまだ非対応みたいです。

もう今年に入ってから各社電気自動車を本格的に展開しているのが分かりますね。
メルセデスは今後セダンモデルとなるEQSの登場も控えています。

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

え、かっこよくね?

No title

ほぼGLAとすることで専用ボディのGLCより大幅に安くできたのかな

No title

渡航先でもストレスなく充電できるようになってからじゃないと購入するきにはなれないなぁ
電気だけだと、現状では所詮のところ近所車にしかなれないから、もっと小さくて安いのでいいよ

ハンドルが旧世代のやつじゃん

フル充電30分は無理。

大雪で立ち往生すれば終わりのゴミ

ドイツメーカーは技術が無いから苦し紛れにEVに逃げただけだしな。ディーゼルの二の舞になりそう
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示