スポンサーリンク

誰も知らない会社リマックがフェラーリなどハイブランドの仲間入りに


クロアチアの自動車メーカー「リマック」
この会社を知っている一般人はほとんど居ないでしょう。
2018年に世界初のEVハイパーカーとして発表されたリマックC_Twoが量産体制に入る前に完売したと社長のメイトリマックがフェイスブックで「我々の様な比較的新しく知名度も無いブランドが量産体制に入る前に初年度分が完売出来ました。」と発表しました。

この様に量産前に初年度分が完売するのはマクラーレンやアストンマーティンの様なブランドでも厳しく、フェラーリなど誰もが知っているブランドしか出来ません。
リマックC_Two完売 (5)



リマックC_Two完売 (2)
以下機械翻訳、
前々からはっきりさせておきたかったこと。数年前の弊社営業部長のインタビューで、あるジャーナリストが「C_Twoは完売している」と(間違ってもそうでなくても)誤解していたことがありました。それは事実ではありませんでしたし、今でもそうではありませんが、事実として多くの記事で繰り返されています。

ハイパーカーが生産に入る前に完売してしまうことは珍しくありませんが、それは通常、フェラーリのような確立されたブランドの場合だけです。C_Two には多くの「初」があります。初の全電動ハイパーカー(世界的にホモロゲーションされた)、リマックの初のシリーズ生産車(新しくてまだ比較的知られていないブランド)などです。これは完全に新しい市場であり(まだ生産されている競合車はありません)、顧客が実際にどのように反応するかは誰にもわかりません。

顧客は車に非常に興味を持っていますが、物事がどのように展開されるかを見たいと思っています。私たちはそれに完全に沿ったものであり、車を試す前にお客様にコミットするように押し付けたことはありません。もちろん、私たちを十分に信頼してくれていて、車を気に入ってくれて、早い段階でデポジットを支払ってくれた方もたくさんいます。

これまでのところ、C_Twoを試す機会があったのはほんの数人のお客様だけです(例えばニコ・ロズベルグのように)。これにはいくつかの理由があります。すでにたくさんのプロトタイプを作っていますが、開発、テスト、ホモロゲーションのためには、それらの1秒1秒が必要です。テストに影響を与えるため、顧客のテストドライブを行うことは常に難しい。また、車はまだ開発中のものなので、市販車で改善されるであろう不具合や、何かしらの不都合をお客様に体験してほしくありません。COVIDの状況が走行を困難にしていることも、物事を遅らせている要因の一つです。


また、まだ市販車に新しい名前を付けて発表していないことも忘れてはいけません。それと並行して、世界中のトップジャーナリストやユーチューバーからの独立したレビューがたくさん来ることになるでしょう。私たちは現在、市販車のお披露目、メディアのテストドライブ、世界各地でのイベント(状況にもかかわらず、ワールドツアーに参加する予定です)、顧客テストのために、3台のマーケティング/セールスカーを作っています。
とはいえ、販売が進んでいることには非常に満足しています。私が言えることは、当初の目標であった生産開始1年目は少なくとも完売しているということ、つまり販売は常に生産の12ヶ月以上先にあるということです。

売れないことを恐れたことはありませんでした。
自分たちで設定した150台の限界を超える需要があることは間違いありません。私が日夜努力しているのは、この車を可能な限り完璧なものにすること、そして加速、機能、トップスピード、航続距離......私たちが約束したことをすべて(以上)実現できるようにすることです。もしそれが正しければ(できないという気配はありませんが)、150台売れるかどうかは心配していません。最終的な車を発表した後、多くの独立したテストが行われ、お客様に試乗していただくことになるでしょう。
多くの人(ジャーナリストやお客様)が、限られたリソースの中で新しい会社として、どのようなレベルのテクノロジー、パフォーマンス、快適性、機能を実現したのか、とても驚かれると思います。それはとても待ち遠しいことです。
多くのお客様が直接私たちのところに来られますが、私たちはOEMとして、世界中のパートナー、つまり私たちを代表するディーラーに車を販売しています。現在14社のディーラーがあり、ほぼ毎月、さらに多くのディーラーが私たちに参加しています。車はディーラーからの注文があったときに「販売」されますが、必ずしもディーラーがエンドカスタマーに販売したとは限りません。そのため、地元のディーラーがエンドユーザーに割り当てられていないスロットを持っている場合、一部のエンドユーザーは、まだ低い車体番号(早期納車)を取得することができることが起こるかもしれません。
これは、状況にいくつかの明快さを与えることを願っています - ちょうどそれは私が記事でそれを見たときに嘘のように感じたので、それについてオープンで正直になりたいと思った、我々は実際に我々が完売していることを言ったことはありませんが。
https://www.facebook.com/mate.rimac/posts/10225082870917467


リマックC_Two完売 (3)
リマックC_Two完売 (4)
C_two発表当時って150台すぐ完売したと報道されていたけど、そんな事無かったんだね。
メイトリマックも書いているけど世界初のEVハイパーカーでリマック初の量産車、競合他社が存在しないEVハイパーカー市場と言うたくさんの初めてを経験した振興メーカーでこれまで色々なスーパーカーメーカーが設立されたりしたけど結局は発売前に倒産などがほとんどでしたが、ここまでローンチを成功した会社は存在しません。

まだ150台全て完売しているわけではありませんが、まだプロダクション仕様も名前も発表していないのにも関わらずオーダーがたくさん入っているのでもう間もなく本当に150台全てか完売する見込みです。

リマックは現在ポルシェやヒュンダイ、KIAなどと提携して莫大な資金を得て今後更に成長するEVブランドとなるでしょう。


2021年最新モデル 看護 家庭用 介護 【在庫あり即時に発送】日本語の説明書





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

アスパーク・アウルのかませ犬のイメージしかない

尻公園はまず1台売ってからな
田舎臭いホイールもなんとかせんとね

アスパーク相手にされてなくて草

アスパーク・アウルの引き立て役か

アスパーク・アウルが買えない貧困層の乗り物

※1.4.5
↑これ同一人物か?w
全く同じキモヲタ臭がするんだが(笑)
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示