スポンサーリンク

【え?ブガッティもル・マン参戦するの?】WEC公式ビデオにブガッティハイパーカーが・・・


トヨタGR010ハイブリッドも発表されいよいよ今年からスタートする予定のル・マン24時間耐久レースの新トップカテゴリーとなるLMHクラス。
コスト削減し参戦チームを増やす為にLMP1の様な専用設計のマシンではなく、最低25台市販する公道車をベースにしたモデルです。(最新のルールでは公道モデルを発売しなくても可)
主催のFIA WECがまだまだ不明点の多いル・マンハイパーカークラスを動画で分かりやすく説明していますが、
この動画の中にブガッティボリードがちょくちょく映っています。
これはブガッティもル・マン24時間耐久レースに参戦するのか?
ブガッティ ル・マン24時間耐久レース (2)




LMHクラスに今年から参戦するのはトヨタガズーレーシング、バイコスレーシング、グリッケンハウスの3チーム。
2022年からはプジョーが加わります。



ブガッティ ル・マン24時間耐久レース (1)
そしてLMHの一つ下のカテゴリとなるのがLMDhクラス。
こちらは2023年からル・マンの常勝軍団でもあるポルシェとアウディが参戦します。

実はLMHクラスとLMDhクラスマシンは馬力も車重も全く同じです。(680PS/1030kg)
ハイブリッドシステムのモーター設置位置がフロントかそれ以外かの違いがあるくらいでボディサイズ等ほとんど同じです。
ではサーキット上でもほぼ同性能なのかと言うとやはりLMHの方が優れています。

ですがこれまでのLMP1クラスよりパワーも重量も大きく性能が低下しておりラップタイムは10秒ほど遅くなっているのでGTEマシンとの差も縮んているかもしれません。


bugatti_bolide_daylight_2.jpg
FIAの説明動画に登場しているのはどう見てもブガッティボリードですがブガッティからは特に参戦するなど声明は出ていませんがこれはワンチャンあるって事か?
まだポルシェもアウディもLMDhマシンを公開していないので分かりませんが例えブガッティボリードがル・マンに参戦するとしてもそのままのデザインでは無いと思います。


【なるほど分からん】ブガッティボリードに搭載されるディンプルエアスクープがなんかキモい

関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新たなクラス作って参戦しやすいようになんだろうけども
市販強制じゃないけど25台以上作れとか
コストダウンになるのか?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示