スポンサーリンク

ハイパーカークラスに参戦するトヨタGR010ハイブリッド世界初公開


トヨタガズーレーシングは今朝から始まったバーチャルオートサロンにてル・マン24時間耐久レースのハイパーカークラスに参戦する完全新規モデルGR010ハイブリッドを世界初公開しました。
TS050ハイブリッドに代わり、GR010ハイブリッドが2021年シーズンFIA世界耐久選手権に参戦します。
GR010ハイブリッド (2)



GR010ハイブリッド (3)
GR010ハイブリッド (1)
GR010ハイブリッドは後輪に3.5リッターV6ツインターボエンジン680PSと前輪にMGUユニット272PSを搭載し合計出力952PS
車重1040kgと昨年までのLMP1マシンTS050ハイブリッドより162kg重くなり、パワーも32%低くなり、サルト・サーキットのラップタイムも10秒ほど遅くなる見込みです。


TS050ハイブリッドより性能が悪くりラップタイムも遅くなる事は事前情報通りでしたが、
排気量が公道モデルの2.4リッターから3.5リッターに拡大しているなど車両デザインもこれまで公開されていたGR010と大きく異なりよりプロトタイプレーサーマシンっぽいデザインになっています。

デビューは3月19日から始まるセブリング1000マイル、
TS050ハイブリッドのDNAを引き継ぎ、公道モデルでトヨタ初のハイパーカーとなるGR Super Sportのレーシングモデルとして開発されたGR010ハイブリッド、全く新しく始まるレギュレーションの中、ル・マンの王者としてLMHクラスでも1位以外は許されません。




合計出力は952PSですが、レース中の最大出力は680PSに制限されてMGUの使用は時速120km/h以上時のみ使用が許可されています。
プジョーと同じく基本的に後輪駆動でコーナリング走行時などに四輪駆動に変化するシステムだと思われます。


【エンジンちっさ!】プジョーのル・マンハイパーカークラスのパワートレインが初公開



カノジョも彼女(4) (講談社コミックス) (日本語) コミック – 2021/1/15



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

LMP1よりLMHが遅くなるのは仕方ないとして見た目が何にも変わらないのはどうなのよ…
これが公道ってもそれはそれで興奮するけど

スペックとか技術レベルだと、これに公道で勝てる車は存在しないだろうな。ニュル最速だろうし

No title

フロントリップの処理がMazda RT24-Pにそっくりなことは誰も触れないのなw

全然そっくりじゃなくて草

市販車最速確実だなぁ

くそややこしくて分かりにくいけど、トヨタは市販ベースじゃないらしいよ

No title

かっこよし
よし、次はこれ買うたろ!

No title

正面にZENTのマークが、、、
所詮トヨタもパチンコ頼みか
日本経済の状態がなんとなく見えてしまうね


お前が見えてる気になってるだけだろ しょうもな(ーдー)

※3
ニチャニチャァ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示