スポンサーリンク

【こんなフェラーリ存在していたのか!?】ランボルギーニレヴェントン色のラフェラーリが販売


オランダの高級車専門ディーラーにとても珍しいカラーリングのラフェラーリが販売されています。
このラフェラーリクーペはランボルギーニレヴェントンのオーナーが購入した個体で、テーラーメイドで特別に作ったグリージョレヴェントン(グレー)と言う名前のボディカラーが採用されています。
世の中には違うメーカー間で同じボディカラーで注文する大富豪が何人か居てパガーニとケーニグセグを同じ色にする人など数名居ますが、昔からのライバルでもあるフェラーリとランボルギーニの超限定車を全く同じ色にするのはおそらく初だと思います。
レヴェントンカラーのラフェラーリ (1)



レヴェントンカラーのラフェラーリ (7q) (1)

このラフェラーリは2015年モデルで走行距離は6500km
価格は3億4200万円で販売されています。
6.3リッターV12自然吸気エンジンは800馬力を発揮し、163馬力を発揮する電気モーターを追加し合計963馬力/900Nmを発揮します。
当然モーターのバッテリーはすぐ切れるので常に963馬力を出せるわけではありませんが、フェラーリ初のハイブリッドモデルで2017年にはオープンモデルのラフェラーリアペルタが発売されフェラーリ史上最も価値が付いたモデルです。
よく、屋根が開いただけなのになんで5億円近く価値が変わるのかと思う人が多いですがめちゃくちゃ変更点が多いです。
この変更点を紹介しているのは世界でも僕だけ。


なぜラフェラーリとラフェラーリアペルタのサイドミラーの角度が違うのか?




レヴェントンカラーのラフェラーリ (6)
レヴェントンカラーのラフェラーリ (4)
レヴェントンカラーのラフェラーリ (3)
レヴェントンカラーのラフェラーリ (2)
レヴェントンカラーのラフェラーリ (7q) (2)
オリジナルのランボルギーニレヴェントンはクーペとロードスターとでちょっと色が違うんですが、
基本的にマットグレーです。
流石にこのラフェラーリはマットグレーではありませんでしたが、よくルカ会長は「グリージョレヴェントン」なんてボディカラーを許可してくれましたね。

ルカ会長時代はF1に力を入れてブランド力を高める為に最大でも年間7000台以下に調整していたけど、
セルジオ・マルキオンネ以降、株価ばかり気にするあまり、販売台数を年間1万台以上にしてモデルラインナップも増やしまくった結果F1の成績は中盤と最悪。
終いにはSUVも販売する始末ですが、とにかくF1を早急に立て直す必要がありますね。
伝家の宝刀でもある「フェラーリが不利になるならF1辞めるぞ!」って今年も絶対言いだすと思う。


ついにラフェラーリの後継モデルの開発が始まる。


魔法科高校の劣等生 来訪者編 2(完全生産限定版) [Blu-ray]




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示