スポンサーリンク

より強く、より速く進化したNEWポルシェ911GT3カップがワールドプレミア


ポルシェは世界で最も売れているレーシングカーの7世代目となる2021年ポルシェ911GT3カップを発表しました。
新しい911GT3カップは現行モデルのタイプ992をベースとした最初のレーシングモデルで最初のメイクカップレーサーマシンです。
前モデルより25馬力アップの510馬力をを発揮し、今回から合成燃料にも対応しているの為、CO2排出量を大幅に削減出来る次世代のレーシングカーです。
ラップタイムはサーキットのレイアウトにもよりますが約1%短縮されています。
Hempel_Porsche_Gt3Cup_SideShots_552.jpg




SP21L31OD0004.jpg
第7世代のカップレーサーは多くの空力ダウンフォースを生成します。これは、リアスポイラーと、フロントリップスポイラーと戦略的に配置されたセパレーションエッジによってレースに特に適合し、より大きなリアウィングとフロントエプロンの組み合わせのおかげです。
スワンネック備えた11段階の調整可能なリアウィングにより善された空力効率は特に速いコーナーでより安定したハンドリングを実現しています。



SP21L31OD0005.jpg
Hempel_Porsche_Gt3Cup_Details_00059.jpg
911RSRと同じく前輪にダブルウィッシュボーンとユニボールベアリングを備えダンパーは横方向の力にさらされることはなくなり、軸方向の力のみにさらされます。これにより、より正確なターンイン動作が保証され、フロントアクスルのフィーリングが向上します。
他ににも919ハイブリッドと911RSRの技術を継承しており、今回から電気式のパワーステアリングが初めて採用され油圧ポンプおよび関連する油圧ラインが不要になりました。



Hempel_Porsche_Gt3Cup_M10_00070.jpg
Hempel_Porsche_Gt3Cup_Details_337.jpg
Hempel_Porsche_Gt3Cup_SideShots_851.jpg
4リッター水冷水平対向6気筒エンジンは510馬力
シーケンシャル6速ドッグタイプギアボックス
専用のブレーキキャリパーを搭載し、より簡単にブレーキパッドの交換が出来ます。
価格は2800万円~
来年から始まる各種レースに早速参戦出来ます。





個人的には初めて対応する電気パワーステアリングと合成燃料が面白そうですね。
ポルシェは昔からEVとはまた別の可能性として合成燃料の研究を行っていて先日シーメンスエナジーと提携もしていました。
911GT3カップがデビューしたという事は来年には公道モデルの911 GT3もデビューするでしょう。


ニュルで鍛え上げられる992最初のレーシングカーポルシェ911GT3CUPが12月12日デビュー決定



ポルシェ エスプレッソ 陶器製 金縁 カップ & ソーサー 2客セット



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーんカッコいいな

かっこいい。

No title

今まで2千万位だったのにとうとう3千万近くまでになっちゃったか

No title

ちょくちょくカタコトになるのは何で?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示