スポンサーリンク

ニュルで鍛え上げられる992最初のレーシングカーポルシェ911GT3CUPが12月12日デビュー決定


ポルシェは第8世代となるタイプ992初のレーシングカーでワンメイクレースシリーズ専用車両となる2021年ポルシェ911GT3カップを今週末の12月12日にデビューすると発表しました。

ワンメイクカップレーサーの歴史は1990年から始まり現在迄に4,251台製造してきました。
991.1型673台、2017年に発売された991.2型では737台、前世代だけで合計1,410台のカップカーがツフェンハウゼンから誕生しました。
992型となる新型は12日に技術仕様と詳細が明らかになります。
2021ポルシェ911GT3CUP (4)




2021ポルシェ911GT3CUP (6)
2021ポルシェ911GT3CUP (3)
992GT3カップの開発は2018年半ばから始まりました。
新しいレーシングカーには何が出来るのか何を改善出来るのか顧客は何を求めているのかエンジニアやメカニックなど協力して開発し、2019年半ばに「TC01」(テストカー01)が誕生。
プロジェクトチームはわずか10日間の間でTC01完成させました。



2021ポルシェ911GT3CUP (1)
2021ポルシェ911GT3CUP (2)
最初のプロトタイプが社内の風洞テストを行っている間に、2台目の車がR&Dセンターのテストトラックに到着。
シェイクダウンとして数キロだけ走る予定でしたが、完成度が高く30周のフライングラップを行いいきなり全開走行も行いました。
ヴァイサッハでさらに4日間のテストを行った後、「TC01」はヨーロッパツアーに乗り出しました。ドイツのラウジッツリングに続いて、モンツァやその他の国際競馬場の高速サーキットでのテストが行​​われました。



2021ポルシェ911GT3CUP (8)
2021ポルシェ911GT3CUP (7)
2021ポルシェ911GT3CUP (9)
2020年半ば、サーキットを数千キロ走行した後、「TC01」に後継車が加わりました。
これは最初のプロトタイプです。
911GT3カッププロトタイプは911と同じ組立ラインで製造され、最終的なレーシングバージョンとほぼ同じ仕様でした。
このプロトタイプは、ニュルブルクリンクのグランプリサーキットを含むロングランを目的に生産されました。
開発ドライバーにはノルドシュライフェの記録保持者の
テストのためにオーストリアのバッハラーに加わったのは、ドイツ人の同僚であるマルコホルツァー、ノードシュライフェの記録保持者であるラースカーン、ポルシェモービル1スーパーカップチャンピオンのミハエルアメルミュラー、そしてポルシェブランドアンバサダーのヨルグベルグマイスターがテストドライバーとして開発します。


2021ポルシェ911GT3CUP (10)
911では珍しく迷彩柄で隠されたGT3カップカー。
この技術も将来のレースカーである911RSRなどにも引き継がれます。


フィギュアーツZERO 鬼滅の刃 胡蝶しのぶ 蟲の呼吸 約170mm PVC・ABS製 塗装済み完成品フィギュア



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

スゲーリバウンドストローク。
プリロードってよりレートの高さなんだろうけど、流石レーシングカーだな。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示