スポンサーリンク

【動画】トヨタのライバルとなるか!?ブガッティ製ル・マンハイパーカーがリークされる


10月28日にデジタルプレミアされる事が発表されたブガッティの新モデル。その全貌が一足先にリークされました。
噂通りサーキット専用車両である事が確認されました。
LMP1マシンの様なシャークフィンと屋根には大型のルーフスクープが入っており1600馬力を発揮するシロンスーパースポーツ300+やチェントディエチと同じ8.0リッターW16エンジンが搭載される事が確認されています。
bugatti LMH (3)




bugatti LMH (2)
whatif_newsroom_01_3.jpg
撮影されたのブガッティのホームでもあるフランスのポール・リカール・サーキット。
ブガッティ公式から公開されていたX型のテールライトの中央にパガーニと同じレイアウトのクアッドマフラーが確認されます。
リアタイヤのホイールアーチを見て分かる通り、リア周りはテールライトと同じくXのを基調としたデザインで構成され大型のディフューザーが付いています。ブガッティとは思えないほど凄い軽量な車体に見えますが2トン近くあるシロンと比べ何百キロダイエットしているんだろうか?
これは公道で走れないですね。




bugatti LMH (1)
てっきりシロンのガワだけ変えたクルマだと誰もが思っていましたが、フロントはブガッティ伝統の馬の蹄鉄をイメージしたグリルが付いていますが今の所シロンと共通しているパーツは一つも見当たりません。
ランボルギーニエッセンツァSCV12やアストンマーティンヴァルカンなどと同じくヘッドライトが見当たらない(もしくは薄型のバー)のでサーキット専用モデルで間違いありません。
ル・マンハイパーカークラスなどレースに出場出来るかは不明ですがFIA規定には沿って設計してありそうです。




この投稿をInstagramで見る

#bugatti

フェラーリランボルギーニニュース(@newsferrari)がシェアした投稿 -


ブガッティがティザーとして「0.67」と言う謎の数字を公開していましたが、これってもしかして抗力係数の事かな?
ちなみにシロンは0.36Cdでこの数値が低ければ低いほど最高速度に優れていて世界最速の量産車SSC トゥアタラは0.279Cdです。
リアスポイラーが付いたトラック専用マシンでCd値が0.67と言う意味なのか分かりませんがとにかくサーキットでは凄い速そうだ。
それともパワーウェイトレシオの数値の事?
これはぜひル・マン24時間耐久レースでトヨタGR010のライバルとして参戦してほしい。



ねんどろいど ひぐらしのなく頃に 業 竜宮レナ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

0.67がPWRだとしたら1500馬力としてちょうど1tになるのか

GRスーパースポーツのモロパクリだな

No title

GRスーパースポーツとは全然違うと思うが?
シャークフィンはレーシングカーのトレンドだし。

GRスーパースポーツはプジョー905Evo2のモロパクリじゃん

↑ 
さすがに無理があるww

No title

今の時代8.0L W16 クワッドターボの機関車みたいなエンジンで耐久レースは辛いw
参加してくれたらおもしろいとは思うけど

カモフラージュ柄もGRパクってるみたい

エンジンを1/4位にしないと重くて勝負にならんじゃない。

ブガッティなんてルマンじゃ3時間も持たなそう。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示