スポンサーリンク

ランボルギーニはウラッコ誕生50周年を祝う&ニコっちがVW I.D.Rを試す


ランボルギーニが1970年の10月に開催されたトリノモーターショーにデビューした「ウラッコ」が今年で50周年を迎えました。
カウンタックと同じくベルトーネのマルチェロ・ガンディーニがデザインした車で2.5リッターV8エンジンを搭載した2+2シーターモデルになります。
最高速度245 km / h、220馬力を発揮する当時ではなかなかの高スペックだったグランツーリスモで現在のランボルギーニには無いタイプの車でした。
ウラッコ50周年 (1)




ウラッコ50周年 (4)
まず1970年から1976年迄に520台のみ生産されたP250ウラッコ
74年から76年迄に66台のみ生産されたP200ウラッコ
そして最終モデルとなる75年から79年まで190台のみ生産されたP300ウラッコでランボルギーニ製2+2モデルの歴史は終了します。



ウラッコ50周年 (5)
ウラッコ50周年 (6)
ウラッコ50周年 (3)
ちなみに「P」はエンジンの後部を意味し数字は排気量を意味します。
P200ウラッコは当時イタリアでの排ガス規制に対応する為に作られた2リッター182馬力モデルでした。
ウラッコはその後のランボルギーニのV8モデルの他、ガヤルドなどのV10モデルへと進化しました。


昔はボロいウラッコが激安価格で売られていましたが、今はもうほぼ中古車で見る機会もなくなりました。
ランボルギーニはかつて2+2シーターのエストーケコンセプトを発表し、」何度かウラッコが復活すると噂がたった事もありましたが、今の所ランボルギーニから2+2シーターモデルの復活の予定はありません。




元メルセデスのF1チャンピオン、ニコ・ロズベルグさんがF1よりも加速が速いEVレーシングカー「フォルクスワーゲンID.R」をニュルで試乗

これシングルシーターで屋根から乗り降りするんだよね。
それにしももサーキットを走る全開のモーター音キモすぎるだろ。




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウラッコの精神を継いでるのはケーニグセグジェメラかもね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示