スポンサーリンク

【噂】トヨタは10月にGRスーパースポーツのロードバージョンを発表。エンジン仕様がリーク!


ル・マン24時間耐久レース2020でサプライズで公開されたLMHクラスのレーシングカーGRスーパースポーツ(仮称)
トヨタは来月にも公道モデルとなるGRスーパースポーツを発表すると噂されています。
東京オートサロン2018で初披露された時のスペックは2.4リッターV6気筒直噴ツインターボチャージャーエンジンで986馬力(1000PS)とだけ発表されていましたが、電気モーターなど仕様は明らかにされていません。
最新の情報では3基の電気モーターを搭載し986馬力から1400馬力へと上がったハイパーカーとなり、アストンマーティンヴァルキリーやメルセデスAMG ONEに匹敵するパワースペックを持つハイパーカーになると言われています。
GRスーパースポーツ来月発表 (2)




GR-Super-Sport- (1)
公道モデルとなるGRスーパースポーツ。
2.4リッターV6気筒直噴ツインターボチャージャーエンジンにトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)を搭載される事は既に発表済みですがモーターの仕様は明らかにされていません。
3基の電気モーターを搭載したハイブリッドハイパーカーとなるとやはりフロントアクスルの左右に2基、エンジンとギアボックスの間の1基と言うレイアウトで間違いないでしょう。



GRスーパースポーツ来月発表 (1)
GR Super Sport844 (5)
GR Super Sport844 (4)
WECのルールでは耐久レースに参戦するハイパーカークラスのマシンは最大750馬力に規制。
ベースとなる公道モデルを2年以内に製造する事が参加の条件なので発表するタイミングとしては年内で間違い無いでしょう。
そして10月16日には初のオンライン開催となるグッドウッドスピードウィークがイギリスで始まるのでおそらくこのタイミングでサプライズ発表されると予想出来ます。

トヨタは過去にもグッドウッドでスープラプロトタイプをサプライズ発表しており、グッドウッドスピードウィークでGRスーパースポーツの公道モデルがデビューする可能性は非常に高いです。
ライバルのハイパーカー達はGRスーパースポーツとほぼ同スペックで2億円~3億円で発売中(完売済み)ですが
トヨタ製ハイパーカーもル・マン3連覇の優勝マシンの公道モデルなので安くなる事は無いでしょう。
注目なのがドアの開き方だけど特許図面にあったキャノピーコクピットはマジで採用するのか!?


ル・マン24でトヨタ製ハイパーカーGR Super Sportがサプライズ発表!かっけえええええ


【マジかよ……】1000馬力を発揮するトヨタGRスーパースポーツがまさかのキャノピー型コクピットになる可能性



EENOUR ポータブル電源 EB50 大容量 135000mAh/500Wh 家庭用蓄電池 純正弦波 PSE認証済 50Hz/60Hz対応 AC(300W 瞬間最大600W)/DC/USB出力 Type-C PD対応 急速充電 LEDライト付き ソーラー充電(MPPT制御方式) 車中泊 キャンプ 防災グッズ 停電時に 非常用電源 24ヶ月保証



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

キャノピーってひっくり返って炎上たら死亡確定?

色々とぶっ飛んだスペックで嬉しい

なんか一年前に公開された可夢偉の試乗動画に、全然違う形のプロトが映ってたんだけど、市販でそっちが採用されれば更にいいなって

1400馬力じゃ、ヴァルキリーやAMG ONEなんて相手にもならんな。

No title

ひっくり返った時はメルセデスSLSみたいになるんじゃない?

No title

かっこいいと思ってましたが、小さすぎませんか?
このサイズだとちょっとあれかな。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示