スポンサーリンク

LMP2クラスに代わって新しく始まるルマンデイトナhクラス用のパワーユニットが公開


今年初めにACO(フランス西部自動車クラブ)とIMSA(国際モータースポーツ協会)は、新しい共同レースカテゴリであるLMDh(ルマンデイトナh)の設立を発表しました。IMSAおよびWEC主催のレースのデイトナ、セブリング、ルマンの耐久レースに参戦出来るカテゴリでIMSAのDPi 2.0クラスのプロトタイプとACOのLMP2とハイパーカーのプロトタイプに基づいています。

今回ウィリアムズアドバンスドエンジニアリングやボッシュ、XtracがLMDh用に開発したパワーユニットが公開されました。
LMDhPack (3)



LMDhPack (1)
レーシングバッテリーにはウィリアムズアドバンスドエンジニアリング製であることが発表されました。
ウィリアムズは電気モーター、インバーター、ギアボックスを提供するBoschとXtracの2つのパートナーと提携し新しいパワーユニットを開発しました。
LMDhクラスのマシンにはこのKERSシステムがリアアスクルに搭載されます。



LMDhPack (4)
LMDhPack (2)
ウィリアムズアドバンスドエンジニアリングは、バッテリー、DC/DCコンバーター、およびバッテリー管理システムを担当します。
Xtrac製トランスミッション(コードネームP1359)は、LMDhクラス専用に開発され、ギアボックスを駆動するジェネレーターユニット(MGU)を内蔵した7速トランスバースデバイスを備えています。
これに各メーカーの内燃機関エンジンを搭載するハイブリッドレーシングカーとなり、ギアボックスが耐えられる最大出力は790馬力。
エンジンは6,000~10,000 rpmまで回ります。

元々DPiクラスとLMP2クラスはほぼ同じだったのでこの際に完全共通クラス化してコスト削減したおかげでプライベーターチームも参戦しやすいでしょう。

LMDhクラスのシャシーはダラーラ、リジェ、マルチマティック、オレカが担当し2021年9月には初めてコース上で走る予定です。
このカテゴリならマツダやホンダ(アキュラ)のNEWマシンがもしかするとル・マン24時間耐久レースで走るかもしれませんね。


Re:ゼロから始める異世界生活 24 (MF文庫J) Kindle版



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示