スポンサーリンク

注目の新興EVメーカー、リマックから発売されるC_Twoの生産ラインが初公開


クロアチア初の電気自動車で今ではEVハイパーカー界の王とも注目されているリマックから最近稼働し始めた生産工場を公開しました。
既に完売している世界限定150台のリマックC_Twoは100%クロアチア製で新しい工場のおかげで生産スピードは半分に短縮され各社の組み立てには約5週間かかります。
工場がフル稼働した場合は月4台のC_Twoを量産出来る体制となっています。
Rimac_C_Two生産ライン (2)





Rimac_C_Two生産ライン (3)
リマックC_Twoは現在まだ開発中で現在17台のプロトタイプが作られ様々なテストが行なわれ最終的にはクラッシュテストで破壊されます。
当初リマックは2020年後半に納車する予定でしたが、ロックダウンの影響で大幅に遅延が発生し2021年以降になる事が決まっています。
リマックC_Twoはピニンファリーナバッティスタと共通プラットフォームで1914馬力/2300Nm
車重2200kg
0-100km/hは1.9秒
最高速度は412km/h
リマックらしく最新の自動運転技術を搭載しており、サーキットでは車が先生となり最適なドライビングラインやブレーキポイントなど教えてくれます。
ちなみにロードスターモデルも2021年以降追加されます。

Rimac_C_Two生産ライン (4)
Rimac_C_Two生産ライン (1)

工場のドキュメンタリーってこれが初じゃないかな?
それにしてもクロアチアの自動車なんてここまで有名になるなんて誰も思わなかったですね。
てかクロアチアのイメージがサッカーが強いくらいのイメージしかなかった

これからはリマックに続けとクロアチア製自動車メーカーが増えるかもしれませんね。

アメリカ市場で発売する為に1台1億円のプロトタイプを何回もクラッシュテストするリマックC_Two

ソードアート オンライン アリシゼーション アリス シンセシス サーティ 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

買えないからいいんだけどさ、やっぱり重くないか?

まあイタリアに近いし、こういうクルマ向きの人材は豊富なんだろうね

No title

車重2200kgは重過ぎるw
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示