スポンサーリンク

【マジかよ……】1000馬力を発揮するトヨタGRスーパースポーツがまさかのキャノピー型コクピットになる可能性


ル・マンレーサーのトヨタTS050ハイブリッドの公道モデルとなるトヨタ初のハイパーカー「GRスーパースポーツ」
まだコンセプトの段階ですが、ル・マン24時間耐久レースのハイパーカークラスに参戦する為、量産化が決まっています。

まだまだ詳細は不明ですが、8月20日にUSIPO(米国特許商標庁)に提出された書類によるとLMP1マシンの様なガルウィングドアではなく、戦闘機の様なキャノピードアの特許出願しているのが分かりました。
GRスーパースポーツ キャノピーコクピット (4)



GRスーパースポーツ キャノピーコクピット (3)
GRスーパースポーツ キャノピーコクピット (1)
フロントスクリーンと一体化したキャノピー型コクピット。
左右どちらからでもロックを解除して一度サイドシルに腰を掛けてから乗り降りするようです。
アストンマーティンヴァルキリーもそうでしたが、シートポジションはかなり深く低くなりそうです。



GRスーパースポーツ キャノピーコクピット (2)
_toyota-gr-super-sport-road-car-1.jpg
このドアが必ずしも量産車に採用されたり、GRスーパースポーツに採用されるのかは不明ですが、
この特許はトヨタから提出されているのは間違いありません。

それにこんなドア普通のファミリーカーでは絶対に採用しませんし、確実に高パフォーマンスのスーパーカーや未来のコンセプトカーにしか使いません。
けどスーパーカーにとって「ドア」は非常に重要なパーツの一つでランボルギーニやフェラーリ、パガーニやケーニグセグなど必ず特殊なドアを使用していますが、流石にキャノピー型コクピットの量産車はまだまだ珍しいのでトヨタGRスポーツでの採用はあるのかもしれません。

けどレーシングカーがキャノピー型コクピットなんてどこも採用していないけど、このドアでル・マン24時間耐久レースで走るかは疑問。


ドイツにあるガズーレーシング開発センターが凄すぎる!ここでプロトタイプからハイパーカーまで全て開発


トヨタ製ハイパーカー「GRスーパースポーツ」は2022年発売!価格は2億9900万円だとぅ!?



【Amazon.co.jp限定】鬼滅の宴(メーカー特典:「ジャケットイラストA4クリアファイル」付)(オリジナル特典:「鬼滅の宴」キャライラストクリアカード(善逸・伊之助)付)(完全生産限定版) [Blu-ray]




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

キャノピーって事故って横転したら詰み?

No title

特許申請の図解が、なんかむわ~っとしてて猛烈に暑そうな感じがするw

No title

サイドシルエットめっちゃカッコイイな

No title

ダラーラ・ストラダーレもドアの部分を跨いで乗車するスタイルになってたな

ひっくり返したら出られない欠陥車

これが採用されたらめちゃくちゃ面白いなw

インパクトあるし是非頑張ってもらいたい

紹介動画に出てた謎のプロトはこれか!
絶対こっちの方がかっこいい。あの白いやつより。

横転時はヒンジを爆破する感じかな?

ダセェから普通のドアにしとけ🚪

トヨタからこんなぶっ飛んだクルマが出るなんてな
ワクワクするゾ〜

No title

>>このドアでル・マン24時間耐久レースで走るかは疑問
このドアでル・マン24時間耐久レース”を”走るかは疑問
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示