スポンサーリンク

ついに1000馬力以上のエンジンを搭載しテスト開始!AMG ONEはもうすぐ完成しハイパーカーの歴史を変える


年々厳しくなっていく排ガス規制などクリア出来ない問題が続出し発売時期が大幅に遅れているAMG50周年記念のハイパーカー「メルセデスAMG ONE
これまでは出力を落としてテストしていましたがついに1.6リッターV6ツインターボエンジンと4基のモーターを搭載しフルパワーの状態でのテストが開始されました。
遅れていた開発も現在は順調なようで毎日乗れる本物のF1マシンとして予定通り2021年に納車が予定されています。
amgone1417y (3)



AMG ONEは2014年に活躍したW05 Hybridの1.6リッターV6ツインターボエンジンをそのまま搭載した公道を走るF1マシンとして2017年に発表。東京モーターショーなどでも公開されていました。

F1のエンジンは常に高い位置(5,000rpm)でアイドリングしている状態で、公道を走るにはこんな高い状態ではヨーロッパの厳しい排ガス規制はクリア出来ません。
AMGの開発チームは通常5,000rpmでアイドリングしていたエンジンを1,200rpm程度にまで落とす事により排ガス規制問題をクリア。
そして騒音規制問題もクリアしないといけないので、これまでの開発車両より音は控え目にはなりますが、それでも十分にF1サウンドを体験出来る素晴らしいサウンドになっています。



amgone1417y (4)
amgone1417y (2)
amgone1417y (1)
現在はドイツにあるテストコースでフルパワーの状態でのテスト走行を初めた事により複雑に動作するアクティブエアロシステムのテストも本格的にスタートします。
アファルターバッハ本社でのテスト終了後、AMG ONEはニュルブルクリンクのノルドシュライフェでの走行テストに移行します。
AMG ONEは世界限定275台のみ発売し2017年時点で既に完売済み。

既にプレミアが付いていますが、ニュルブルクリンクではポルシェ911 GT2 RS MRが持つ記録を更に更新し6分30秒で走れるスペックを持ちます。



メルセデスAMG ONE、開発が大幅に遅れる事が判明。2019年発売はほぼ無理



2020年NEWモデル Francfranc(フランフラン)公式 フレハンディファン 携帯扇風機 手持ち扇風機 卓上扇風機 USB充電式 5段階風量調整



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 

高性能電気ナマズかっこいいやん。自動車税39500円ってのもお得やね。

確かにナマズ…面白い。

うーん、GRスーパースポーツの足元にも及ばんな

シングルターボな気がする。
知らんけどw
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示