スポンサーリンク

次世代バッテリーを搭載したキャデラック初の電気自動車LYRIQデビュー


コ口ナの影響でローンチが延期されていましたが、今朝キャデラック初のEVクロスオーバーとなるCadillac Lyriq(キャデラック・リリック)がワールドプレミアされました。
ブランド初の電気自動車となったリリックはラグジュアリー、テクノロジー、排出ガス性能の新時代をもたらします。
ダイナミックでモダンなデザインでフルエレクトリックなラグジュアリークロスオーバーが誕生です。
Cadillac-LYRIQ-019.jpg


LYRIQはGMの次世代のモジュール式電気自動車プラットフォームUltiumに基づいており、キャデラックはさまざまな範囲とパフォーマンスのオプションを顧客に提供できます。EVの選択に関しては、距離が最大の要因の1つであり、内部テストに基づいて、フル充電で482kmを超える距離を提供するように設計しています。

現在の高級車の中には、伝統的な内燃機関を採用しているものもあるが、LYRIQはそのようなものではない。キャデラックは、LYRIQをベースにした全く新しいモジュール式のEVプラットフォームを採用しています。専用のEVアーキテクチャを採用することで、従来の車両アーキテクチャに電気推進力を採用することに伴う物理的な制約を排除し、最適化されたデザインを実現することで、航続距離の拡大、魅力的なドライビング体験、新しい乗員空間の解釈をサポートします。
Cadillac-LYRIQ-017.jpg
リリックはアルティウムバッテリーシステムがアーキテクチャの構造的要素となっており、乗り心地やハンドリング、安全性に貢献する方法で統合されています。バッテリーパックを配置することで低重心化を実現し、重量配分を50/50に近づけたことで、スポーティでレスポンスが良く、軽快なドライビングを可能にしています。

また、リリックは主に後輪で駆動しますが、全輪駆動のオプションも用意されています。リアに駆動モーターを配置することで、バランス感と俊敏性をさらに高めています。また、ホイールスピンのない舗装路へのトルク伝達を可能にし、爽快な加速とコーナリング性能を向上させています。パフォーマンス全輪駆動を搭載した車両では、さらに一歩進んで、セカンドドライブユニットを車両の前部に配置することで、チューニングの柔軟性を大幅に向上させ、車両のダイナミクスとドライバーのパフォーマンスを向上させることができます。
Cadillac-LYRIQ-008.jpg
キャデラックリリックには、GM の新しいバッテリーシステム「アルティウム」が搭載されており、約 100 キロワット時のエネルギーを提供しています。
アルティウムの最先端のNCMA(ニッケル-コバルト-マンガン-アルミニウム)化学は、正極にアルミニウムを使用し、コバルトのような希土類材料の必要性を低減します。実際、GMのエンジニアは、現在のGMバッテリーと比較してコバルト含有量を70%以上削減しました。

高度なバッテリー化学物質は、スマートモジュールの構築を可能にする大型でフラットなパウチセルに詰め込まれており、複雑さを軽減し、冷却の必要性を簡素化しています。さらに、バッテリーの電子機器はモジュールに直接組み込まれているため、現在のGMの電気自動車と比較して、バッテリーパックの配線の約90%が不要になっています。

Cadillac-LYRIQ-001.jpg
Cadillac-LYRIQ-004.jpg
特徴的なのが世界最大級の33インチOLEDディスプレイ。
ドライバー情報、インフォテイメントコントロール、カメラビューなど情報を高画質で表示可能です。
元々電気自動車なので静かですが、車内にはアクティブノイズキャンセリングが備わっており、更にロードノイズキャンセリング技術を初めて導入します。これにより更に静かに集中してドライブする事が可能です。
Cadillac-LYRIQ-025.jpg

キャデラックの新しい時代への第一歩として新しいデザインで登場したリリックはかっこいいですね。
価格やスペックなどの情報は公式から出ていませんが、発売時期が近くなると明らかになるでしょう。
来年から生産開始を予定しています。



鬼滅の刃 炭治郎と柱たちマスコットセット B 約50mm 塗装済み完成品フィギュア



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示