スポンサーリンク

ベントレーが世界初の3Dウッドトリムを発表。 やっぱりカーボンより木の方が高級感あるよな


昔の高級車などは本物のウッドパネルを使用していたりもしましたが今では本物の木を使うのはベントレーやロールスロイスなど高級車でしか使用されない例も多々あります。
ベントレーは世界で初めて3D立体ウッドリアドアインサートを新しいフライングスパーからオプションで設定出来る様になりました。
カーボンも今ではどの車でも見る様になってしまいましたが、本物の木もベントレーの様な高級車にはとっても似合います。
Flying Spur 3D Wood - 2


Flying Spur 3D Wood - 1 Hero
Flying Spur 3D Wood - 3
この3D加工木材の「Three-Dimensional Wood」は2015年に公開されたEXP 10 Speed 6コンセプトで初公開された技術で新しいフライングスパーから世界で初めて量産車に使用されます。
使用される木材はアメリカンウォールナットとアメリカンチェリーです。

開発には18ヶ月時間が掛かっており職人が人間の髪の毛の太さよりも小さい許容誤差0.1mmで木を彫り、完璧な結果を得るためにカットを手仕上げします。開気孔ラッカーが塗布され、木の本来の色と質感が透けて、洗練された自然な外観に仕上がっています。


Flying Spur 3D Wood - 4
ダイヤモンドカットの木材は非常に美しく仕上がっていますね。
ベントレーは他にも3D立体レザー技術もあり、ベントレーの伝統的な素材と最新の製造技術の組み合わせた最高のインテリアを備えた車が誕生しました。


5000年前の木材を使用しEXP 100GTコンセプトのDNAを引き継いだ「ベントレーバカラル」を見てみよう



なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと (日本語) 単行本 – 2020/3/19



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

イギリスでも古くから自動車に用いられる天然カーボンだぞ

木の香りもするのか?

No title

横からぶつけられたら刺さって死にそうw

ウォルナットいいね
オーダーメードなら黒檀とか使えるかな
カーボンはありふれてしまって
やっぱ高級車=ウッドだね

いつか絶対出ると思った
ロールスの木目より好き
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示