スポンサーリンク

史上最も強力なV8を搭載したメルセデスAMG GTブラックシリーズがついに公開


メルセデスベンツはAMGのV8シリーズ最高峰で最も強力なパワーを持ったメルセデスAMG GTブラックシリーズを初披露しました。
外見からも分かる通り新しいスーパースポーツカーはAMG GT3レーシングカーから直接派生したデザインが組み合わされています。

2006年から誕生したブラックシリーズはコレクターのガレージにほこりを集めるために開発されたのではなくナンバープレートを付けたサーキットでの高速使用のために開発されました。
amg gt ブラックシリーズ87 (12)


amg gt ブラックシリーズ87 (8)
アファルターバッハのエンジンのスペシャリストは既存の4.0リッターV8ツインターボエンジンを再開発。
以前のAMG GTよりも大幅にアップデートされ730馬力を発揮するエンジンはよりパワフルに、より俊敏に最大トルクを発生させるため、新しくフラットクランクシャフトを採用しエンジンの抜本的な変更を行いました。



amg gt ブラックシリーズ87 (9)
amg gt ブラックシリーズ87 (3)
AMG GT Rから搭載されたダイヤル式の「AMGトラクションコントロール」はブラックシリーズでも健在で9段階でトラクションコントロールを設定出来ます。
制御はエンジンエレクトロニクスの対応するマップを介してのみ行われ、GT3レーシングカーの場合と同様に、ESPシステムに介入する必要はありません。



amg gt ブラックシリーズ87 (4)
amg gt ブラックシリーズ87 (5)
amg gt ブラックシリーズ87 (6)
空力システムにはAMG GT RとAMG GT R PROと同様にform follows functionシステムはこれまで以上に機能します。
GT4、GT3マシンと同じレーシングカーの空力システムを公道車両に取り込み視覚的にも大きな変化をもたらしています。
フロントスプリッターには、手動で調整可能な2つの設定(ストリートとレーストラック専用)があり、さまざまなトラック要件に合わせて調整できます。前方に伸ばすと(レースポジション)、フロントセクションの下にリバースウィングプロファイルのフロントディフューザーが作成されます。運転速度に応じて、この要素は負の圧力の上昇によってさらに低下し、下部ボディの空気の流れを大幅に加速し、ベンチュリー効果を生み出します。

また特徴的なカーボン式ボンネットはエンジンをより冷却し空気抵抗が減少、全体的なダウンフォースを向上させます。
大型のディフューザーを備えた新しいリアエプロン、左右に2つの丸いツインテールパイプトリム、革新的なリアエアフォイルのコンセプトです。
もちろんリアウィングは可動フラップは運転状況と選択したAMG DYNAMICSモードに合わせて20度電子的に調整され、縦および横のダイナミクスを改善します。平らな位置では、空気抵抗が減り、より速く最高速度に到達するのに役立ちます。傾斜位置では、フラップはリアアクスルでのダウンフォースの増加により、ブレーキ性能とコーナリングの安定性を向上させます。




amg gt ブラックシリーズ87 (10)
amg gt ブラックシリーズ87 (2)
amg gt ブラックシリーズ87 (11)
AMG GTブラックシリーズのスペック
4.0リッターV8ツインターボエンジン730馬力/800Nm
AMG SPEEDSHIFT DCT 7Gデュアルクラッチトランスミッション
後輪駆動
0-100 km / h 3.2秒
0-200 km / h 9秒以下
最高速度 325km/h
車重 未公開
価格 未公開



amg gt ブラックシリーズ87 (7)
BS6番目のモデルとしてデビューしたAMG GTブラックシリーズ。
タイヤはブラックシリーズ専用に特別に調整されたミシュランパイロットスポーツカップ2 R MOタイヤが使用されサーキットで真の力を発揮します。
また、AMGカーボンファイバーバケットシート(米国、カナダ、中国では利用不可)などを備えたAMGトラックパッケージがオプションで追加され、ロールオーバープロテクションシステム、ドライバーと助手席用の4点式シートベルト、および2 kgの消火器で構成されています(どちらサーキット専用に設計されています)。ロールオーバープロテクションシステムの軽量ボルト留めチタンチューブケージは、メインロールバー、シートベルトを取り付けるためのブレース、2つのリアブレース、および背面にある斜めのXブレースで構成されています。このシステムは、すでに優れた車両剛性をさらに高め、車両の走行ダイナミクスにプラスの影響を与えます。また、パッシブセーフティも向上します。

価格は4500万円程度と予想され過去のBLと違って限定台数は設けないみたいですね。
もしかすると1年間の期間限定生産になるのかもしれませんが、今夜のデジタルプレミアでその辺は明らかになりそうです。



俺がラブコメ彼女を絶対に奪い取るまで。2 (富士見ファンタジア文庫) Kindle版





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ダサいなー

かっこいい

わーい

No title

シングルプレーンのクランクシャフト採用って、マジッ?!

今まで、マシンガンだの、バブリングだのって、AMG小僧御用達のサウンドじゃ無いんだね。
(どのみち、トンネル内では、どっちも煩いだろうが)

こんだけやっても、911GT2RSに勝てんとわ。何が違う?
トルクベクタリング?エアロベクタリング?それはランボルギーニか。

V8のvバンクにタービン2っの変態配置は変わらない。

No title

※1
おまえの車よりはダサくはないだろうな

このグリルは何とかならんかったのか。

俺はこのグリル好きだけどな。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示