スポンサーリンク

ランボルギーニSCV12の特許図面でそのボディデザインが明らかに


ランボルギーニはサーキット専用ハイパーカーとしてこの夏に公開するSCV12の発表を控えていますが欧州特許庁(EUIPO)にSCV12のデザインを2019年7月19日に登録していた事が明らかになりました。
これがアヴェンタドールにGT3マシンを超えるダウンフォース性能を持つ空力パッケージを搭載した闘牛です。
Lamborghini-SCV12特許図面 (5)



Lamborghini-SCV12特許図面 (1)
Lamborghini-SCV12特許図面 (4)
https://euipo.europa.eu/eSearch/#details/designs/006990693-0001
フロントはヘッドライトを無くし軽量化。
リア周りもアヴェンタドールと大きくデザインが変更され、大型のリアディフューザーの他、F1マシンに似たリアウィング、
ウラカンスーパートロフェオEVOと同じく屋根にはルーフスクープが搭載されてます。





Lamborghini-SCV12特許図面 (8)
Lamborghini-SCV12特許図面 (2)
エンジンスペックは6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載しこれまでの歴代V12モデルと比較して最も強力な830馬力を発揮します。

史上最強の闘牛ランボルギーニSCV12の最新映像公開


Lamborghini-SCV12特許図面 (3)
設計はCentro Stile、開発はレーシング部門のSquadra Corseによって作られたSCV12は2018年11月にワンオフで発表されたSC18アルストンに次ぐV12モデルです。
ノーターボ、ノーハイブリッド昔ながらある自然吸気V12エンジンを搭載した最後のモデルで次期V12モデルからいよいよハイブリッド化が行われます。
リアの形状からニュルブルクリンクはアヴェンタドールSVJの6分44秒以下で走れそうですが、ニュル最速のポルシェ911 GT2 MRが持つ6分40秒33もおそらくSCV12は超えてくるでしょうね。
正式発表まであと数週間です。





星継ぐ塔と機械の姉妹 (電撃文庫) (日本語) 文庫 – 2020/7/10



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

リアパネルは1枚になってんのか凄いな

No title

こういうアヴェンタドールの何番煎じか分からないような車よりも
トヨタのハイパーカーの方に興味がありますね

トヨタのハイパーカー、出るのかね

コロナで頓挫しないでほしい

気持ちのいい加速、減速が出来る玄人受けする車を開発できないものか。

サーキット専用なら決して抜けない919evoがいるからな〜
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示