スポンサーリンク

真のF1テクノロジーを搭載した唯一無二のハイパーカーAMG ONEの開発はいよいよ終盤に


マセラティがF1テクノロジーを搭載したV6エンジンを発表したり、ランボルギーニからサーキット専用ハイパーカーSCV12が発表されたりしていますが、メルセデスベンツから発売されるハイパーカー「AMG ONE」こそフォーミュラ1の王者のテクノロジーを量産車に搭載した真のハイパーカーです。
F1マシンのW05ハイブリッドのエンジンをそのまま量産車に搭載している為開発がめちゃくちゃ遅れてしまったのが難点ではありますが、AMG ONEプロトタイプの開発もいよいよ最終段階へと取り組んでいます。
amg one プロトタイプ (4)


ライバルとなるハイパーカーのマクラーレンスピードテールは既に納車が開始されており、
アストンマーティンヴァルキリーも年内中には納車が開始されます。
AMGの最高経営責任者のトビアスメールスさんが手掛けた最後の車で今後はアストンマーティンのCEOとして就任します。
ちなみにマクラーレンスピードテールのチーフテストドライバーだったクリス・グッドウィンさんはアストンマーティンへ移籍しヴァルキリーの開発に携わっています。
amg one4897987 (4)
amg one4897987 (3)
amg one プロトタイプ (1)
amg one4897987 (2)
amg one プロトタイプ (3)
amg one プロトタイプ (2)
amg one4897987 (1)

さすがにこの価格帯のハイパーカーになると発表当時のコンセプトとデザインはほぼ変わらず市販化されます。
AMG ONEの開発が大幅に遅れた理由は当然F1のエンジンをそのまま市販車に搭載したからで、
通常量産車は低いエンジン回転数でアイドリングしますがF1マシンは5,000RPMと非常に高いエンジン回転数でアイドリングしてるのでこれを1,200RPMで安定される必要もあり、年々厳しくなる騒音規制や排ガス規制に対応する為にも開発が遅れていました。

AMG ONEは2017年に275台を既に完売。
価格は約3億2900万円~
スペック上ニュルブルクリンクノルドシュライフェを6分30秒で走れる能力を持ちます。
いよいよ開発も終盤になり2021年から量産開始が予告されていますが、もう遅れる事はないといいですね


開発が遅れていたメルセデスAMG ONEが2021年に納車される事がやっと決定


グリーンティーラボ 抗菌抗ウイルス クールマスクスプレー 除菌 抗菌 冷却 冷感 60ml カテキン (シトラス, 60ml)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

何度目の正直?

ヴァルキリーは、年内納車されないよ。

No title

アーマーゲーって言ってもさ、
しょせんベンツだしリセール悪そうだな(笑)
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示