スポンサーリンク

50年ぶりに生産されるアストンマーティンDB5にはボンドカーのギミックがすべて搭載


007シリーズを手掛ける映画製作会社EON Productionsとアストンマーティンとのコラボレーションとして発表された【アストンマーティンDB5ゴールドフィンガーコンティニューション】の最初の1台が完成しました。
1964年に公開された映画007ゴールドフィンガーに登場したボンドカーそのままの仕様でマシンガン以外はほぼギミックが再現されています。

車はアストンマーティンワークスで約4500時間掛け職人が手づくりで組み立てた車両で限定25台のみ3億8000万円で販売されています。
これでジェームズ・ボンドと同じ車を乗る事が出来ますが一点だけ欠点があります。
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation02-jpg.jpg



2020年アストンマーティンDB5ゴールドフィンガーコンティニューションは4.0リッター自然吸気フラット6エンジンを搭載し282馬力の5速MT。
当時の製造方法そのままで組み立てられているので現在の安全基準を満たしていない為公道を走る事が出来ないのが欠点です。



Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation09-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation40-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation34-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation35-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation38-jpg.jpg

・エクステリア
スモーク発生装置
オイル撒き散らし装置
回転式ナンバープレート(トリプルプレート)
マシンガン(ダミー)
リア防弾シールド
バッティングラム(前後)

・インテリア
レーダー追跡マップ画面
運転席に電話
ギアノブにアクチュエーターボタン
アームレストとセンターコンソールにギミック開閉装置
シート下の隠し武器収納トレイ
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation20-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation08-jpg.jpg
Aston_Martin_DB5_Goldfinger_Continuation24-jpg.jpg
マシンガンはダミーなのは当然としてスモークやオイルぶっかけ機能とか嫌がらせ行為にしか使えないギミックとか面白いね。
完全に金持ちの道楽用の車ですね。
2020年モデルのアストンマーティンDB5ゴールドフィンガーは納車が始まっており2020年内には25台全て納車が予定されています。
おそらくオーナーさんはサーキットでも走らせずずっと保管すると思われます。
この受話器は使えるのかな?


秘密兵器を搭載したボンドカー、アストンマーティンゴールドフィンガーDB5が25台のみ生産開始


【最新型 18W急速充電 26800mAh】モバイルバッテリー LEDライト付き 大容量 2USB出力ポート ソーラーチャージャー ソーラー充電器 LCD残量表示 iPhone/Android/iPadなど対応 台風/災害/旅行/出張/アウトドアに大活躍 6ヶ月保証付き



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

面白い
どうせこの手の車は走らせず飾っておくだけだろうし実質デメリットねーな

No title

1/1の、「大人のおもちゃ」

007最新作「NOtime・to・die」に出てくるDB5はマシンガンがバルカン砲にバージョンアップしているんだよな。

追加料金を支払えば同じ仕様に変えてくれるのかな?
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示