スポンサーリンク

わずか11台しか生産されなかった右ハンドル仕様のランボルギーニミウラSVが発売


ここ数年ランボルギーニ公式のフルレストア部門で新車の様な状態に蘇っているランボルギーニミウラシリーズ。
ランボルギーニの歴史の中でカウンタック以上に希少なダイヤモンドがこのミウラSVです。
ランボルギーニミウラSVは1966年に誕生し1973年までの7年間生産されたモデルでそのほとんどが左ハンドル仕様でしたが、オーストラリアに納車された為右ハンドル仕様となっています。

ミウラSVの右ハンドル仕様はわずか11台しか作られていなかった希少なモデルです。
7月31日にオンラインで開催されるシルバーストーンクラシックライブオンラインオークションにて出品されます。
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (3)


ランボルギーニミウラSV右ハンドル (2)
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (8)
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (7)
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (6)
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (5)
ランボルギーニミウラSV右ハンドル (4)
ランボルギーニミウラシリーズは762台生産され、その内147台がSV仕様です。
そして更にスプリットサンプエンジンを備えた最後の94台が極上品のミウラSVと言われています。
このミウラSVは1972年3月31日に完成したシャーシ#5036でヨーロッパ仕様で作られオーストラリアに輸出されました。
ロッソコルサとゴールドのラインが入ったボディカラーで、当時オプションだったエアコンの他、リミテッドスリップデファレンシャル、ラジオが含まれています。

ランボルギーニの当初の予定では右ハンドル仕様のミウラSVは9台だけ作る予定でしたがオーストラリアの輸入業者がシャーシ番号#5036と#5002のミウラSVをオーダーしたので2台追加の合計11台の右ハンドル仕様が生産されました。
これまで約30年間オーストラリアで何人かのオーナーに渡って2010年にイギリスに輸出され英国で最も高い評価を受けているスペシャリストボディーショップの1人がプロによる再塗装を行いレストアなど行われました。
走行距離はたったの50,950kmしか走っておらず最も希少価値が高いRHDのミウラSVになります。


ちなみにアヴェンタドールには限定版としてミウラエディションが発売されとある日本の食品加工会社の社長が購入していました。
関係無いけど、その後国産の食材を使っていると宣伝していたのに外国産の安い食材を使っていた食品偽造がバレた事もありました。


関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示