スポンサーリンク

リマックC_Twoプロトタイプとブガッティシロンピュールスポーツプロトタイプの初試乗動画


中止されてしまったジュネーブモーターショー2020で公開される事が予定されていた2台のハイパーカー。
まずは電気自動車界の頂点の技術を持つクロアチアの新興企業リマックから発売されるC_Twoのプロトタイプ。
そして時代遅れで大排気量の8リッターW16エンジンを搭載するブガッティシロンピュールスポーツのプロトタイプ。
この2台のハイパーカープロトタイプの試乗動画が公開されています。
ICEとEV全く違う2台ですが、スペックや価格は非常に似ています。
Rimac-C_Two_prototype_7777 (3)


プロダクションバージョンでは安全規制に準拠するために空気力学とボディデザインにいくつかの変更が加えられライト類のデザインも仮で付けられているだけです。
リマックC_Twoは1,914馬力/2300Nm
WLTPテストサイクルでの距離は550 km走行可能です。
大容量のバッテリーを搭載する為車重は2,200 kgもしますが、加速性能は素晴らしく0-100km/hが1.9秒
最高速度は412km/h迄到達します。
またレベル4の自動運転技術も入る未来の自動車です。
世界限定150台で1億9700万円もしますが、わずか3週間で全て完売しています。

Rimac-C_Two_prototype_7777 (1)






こちらもジュネーブモーターショーで公開予定だったトラック走行に特化したブガッティシロンピュールスポーツ
先日ドイツのサーキットにプロトタイプ2台が持ち込まれ、早速ドイツ人司会者のMatthias Malmedieが招待されています。
こちらは1500馬力を発揮しますが、バッテリーシステムを搭載していないので重量は1945kg
これでも通常のシロンよりも50kg軽いですが、やはりサーキットでは相当重い部類の車に入ります。

ワイパーブレードや殆どのパーツがカーボン化されており軽量化やサスペンションなども強化されているので通常のシロンとは別次元の乗り心地みたいです。


ブガッティシロンピュールスポーツが開発中のプロトタイプでサーキット走行スタート
関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示