スポンサーリンク

【速報】ランボルギーニウラカンEVO RWDスパイダー世界初のAR拡張現実デビュー


ランボルギーニはウラカンシリーズ最新モデルとなる【ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDスパイダー】を世界初公開しました。
ウラカンEVOのリアホイールドライブ(RWD)モデルのオープンモデルとなり、610PS/560Nmで基本性能はクーペ版とほぼ同じです。

電動ソフトトップ採用し17秒以下で開閉する事ができます。
もちろんソフトトップはさまざまなカラーオプションで選択可能です。
ランボルギーニは初めて拡張現実(AR)でのローンチイベントを行いiPhoneとiPadユーザーなら誰も参加可能です。
ウラカンEVORWDスパイダー (1)


オープンエアでのドライビングの楽しさと自由度を追求したウラカンEVO RWDスパイダーデビュー。
610ps(449kW)と560Nmのトルク、0-100km/h加速3.5秒、最高速度324km/h
スパイダーのデザインを強化し、抗力の低減とダウンフォースを最適化
真のスパイダーフォルムの軽量ソフトトップは、ピュアなラインと空力効率を実現し、ルーフはオープンとクローズの両方で使用可能
時速50kmまでルーフ操作可能:ランボルギーニ自然吸気V型10気筒エンジンのサウンドが引き立つオープンエア走行を実現しています。
2020年夏ごろ納車開始。
日本正規輸入販売価格26,539,635円~
ウラカンEVORWDスパイダー (2)
ウラカンEVORWDスパイダー (3)
ウラカンEVORWDスパイダー (4)
ランボルギーニは、公式ウェブサイトlamborghini.comで、初めて拡張現実(AR)を使用して、新型ウラカンEVO RWDスパイダーをバーチャルで公開しました。新しいV10モデルは、後輪駆動と特別にチューニングされたパフォーマンス・トラクション・コントロール・システム(P-TCS)を搭載し、軽量化されたエンジニアリングのオープンエアの祭典をドライバーに提供します。ルーフを上げても下げても、毎日のドライビングと高性能な楽しみは、クーペバージョンと同じ610ps(449kW)と560Nmのトルクを発揮するV10の吸気パワープラントの比類なきサウンドとともにもたらされます。0-100km/h加速はわずか3.5秒、最高速度は324km/hと、クーペの同世代モデルと同様に、スパイダーは本能的なドライバーのためのクルマであり、ソフトウェアではなくハードウェアを介して運転する楽しさを提供します。

ウラカンEVO RWDスパイダーのデザインは、非常に軽量なソフトトップの統合と機能を最適化しています。スパイダーは、ルーフを開けても閉めても、ランボルギーニの真骨頂であり、ルーフをつけていても外していても、見た目と性能の両方でダイナミックであることを示す、他に類を見ないラインをすべてのプロファイルから備えています。スパイダーのエクステリアラインは、空気力学的な付属品を追加することなく、クーペのそれに匹敵する抗力とダウンフォースを確保し、ルーフのアップダウンを問わず、後輪駆動車のバランスとダイナミズムを高めています。


ウラカンEVORWDスパイダー (7)
ウラカンEVORWDスパイダー (6)
・オープンエアでのでの運転の楽しさ
ウラカンEVO RWDスパイダーは、本能的なドライバーズカーとして特別に設計されており、トップパフォーマンスを発揮しながらも、パイロットのスキルと後輪駆動パワートレインのセットアップに焦点を当て、フィルタリングされていないフィジカルフィードバックと最大限のエンゲージメントを提供します。特別にチューニングされたP-TCSトラクションコントロールシステムは、あらゆる状況下でアドレナリンを発生させるパフォーマンスを発揮するように設計されており、スパイダーが急なコーナリングやドリフトの後に再調整を行っても、安定したトルクを発揮し、トラクションを確保します。特にルーフを下げた状態では、スロットルに反応するV型10気筒エンジンのサウンドがドライバーの感覚を刺激します。

ステアリングホイール上のANIMAボタンを押すと、P-TCSを調整しながらドライビングモードをコントロールすることができます。STRADAは、後輪のスリップを最小限に抑え、粘着性の低い路面でのトルク伝達をより積極的にコントロールすることで、あらゆる状況下での安定性と安全性を提供します。また、SPORTモードでは、加速時に後輪の滑りを抑えてドリフトを楽しむことができ、オーバーステア角が急上昇した場合にはトルクを制限して安定したコントロールを可能にしています。CORSAモードは、ハイパフォーマンスなコンディションでコーナーを抜ける際のトラクションと俊敏性を最適化し、ダイナミクスとスピードを最大限に引き出します。

Huracán EVO RWDスパイダーのアルミニウムと熱可塑性樹脂製のボディは、アルミニウムとカーボンファイバー製の軽量ハイブリッドシャーシに搭載され、乾燥重量は1,509kg、重量/パワーレシオは2.47kg/hp。前後重量配分は40/60で、オーバーラップしたクアドリラとパッシブ・ショックアブソーバーを備えたダブル・ウィッシュボーン・サスペンションを採用し、ドライバーのフィードバックを最適化。ベンチレーテッド&クロスドリル式スチールブレーキは、専用開発のピレリPゼロタイヤを装着した19インチのカリリムに装着され、オプションで20インチリムとカーボンセラミックブレーキを装着する。
ウラカンEVORWDスパイダー (5)



新しいフロントスプリッターと縦型のフィンが特徴的な大きなフレームのフロントエアインテークの中にあり、高光沢ブラックのリアバンパーには、Huracán EVO RWD Spyder独自の新しいディフューザーが組み込まれています。

また、ソフトトップルーフは、時速50km/hまでの走行でも17秒以内にリアフードの下に収納可能。ソフトトップは、後輪駆動車のボディラインやカラーオプションを完璧に引き立てるとともに、ルーフを上げ下げしても、静かなコックピットで会話やエンターテインメントを楽しむことができます。ソフトトップをアップ/ダウンの両方で使用すると、ドライバーはリアウィンドウを電子的に開くことができ、アップ時にはフロントガラスとして機能し、ダウン時にはV10エンジンの独特のサウンドを強調することができます。取り外し可能な2つの横風シールドは、キャビン内の横方向の空力騒音を減衰させ、高速走行時にも会話を可能にします。

スパイダーのセンターコンソールにある8.4インチのHMIタッチスクリーンは、車の機能をコントロールするだけでなく、電話、インターネット接続、Apple CarPlayなどの包括的な接続機能も備えています。

Huracán EVO RWD スパイダーは、ドライバーのための車であり、ライフスタイルの選択でもあります。また、ランボルギーニ・アド・ペルソナムの無制限のカラーとトリムオプションにより、オーナーは自分の好みに合わせて車をパーソナライズすることができます。



ランボルギーニQRコード
https://www.lamborghini.com/en-en/models/huracan/huracan-evo-rwd-spyder
iPhoneユーザーの人はこのQRコードを読み取ってウラカンEVO RWDスパイダーをじっくり眺めてみましょう。
さっきARで見てみましたが、車がデカすぎなのか自分の部屋が小さすぎるのか結構見るの大変でした。
けど内部の細かい所まで見る事が出来るので面白かったです。


三角の距離は限りないゼロ5 (電撃文庫) (日本語) 文庫 – 2020/5/9



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

なんで同じテキスト繰り返してるの

2駆のウラカンよりもターボsの方がたかいのか。迷うよなぁ。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示