スポンサーリンク

ブガッティも生産活動再開。今年はシロンの他にもディーヴォの量産も開始


昨日からフェラーリやランボルギーニなどイタリアの製造業の経済活動が始まっていますが、
フランスのハイパーカーメーカー、ブガッティも生産活動が再びスタートしました。
モルスアイムにあったアトリエは3月20日から操業停止しており、フランス政府の許可が下りたので従業員は防護マスクや1.5m以上離れる事、手洗いを徹底するなどして新たに動き始め、「シロン」の他、今年から新たに「ディーヴォ」の量産が開始されます。
001_bugatti-restarts-production.jpg


"従業員が安全に仕事ができるように、必要なことはすべて行います。ブガッティの社長であるステファン・ヴィンケルマン氏は、「可能な限り、常に最小限の従業員が現場にいるようにするために、彼らは今でも自宅で仕事をすることができます」と説明します。"安全対策が整ったことで、ようやく再び手作業で車を作ることができるようになりました。これは、私たちの従業員にとっても、お客様にとっても重要なサインです」。

ブガッティのタスクフォースが、フランス政府の法的要件や国際的な専門家からの勧告を考慮して、再始動に向けた具体的な行動規則の策定を数週間かけて進めてきた。
004_bugatti-restarts-production.jpg

モルスハイムに到着すると、従業員全員に保護用のフェイスマスクが与えられる。これは、1.5メートルの安全距離が確保され、手洗いのルールが定められている場合でも、敷地内および作業エリアでは常に着用しなければなりません。さらに、従業員は使用前と使用後に工具を徹底的に洗浄することが求められます。

入出庫品の非接触処理を可能な限り行い、配送やメンテナンスを最小限に抑えることは、スカイプを使ったミーティングの継続と同様に、今後数週間の間に新しい通常業務の一部となるでしょう。

"ステファン・ヴィンケルマン氏は、「段階的に生産を再開するための適切な対策を実施し、従業員を最大限に保護することができたと確信しています。しかし、各従業員も毎朝自分で体温を測って、熱が出ていないこと、症状がなく完全に健康であることを確認し、リスクなく働けるようにしなければなりません。最終的には、個々の従業員だけでなく、同僚やその家族に対する責任も問われることになります。同時に、ステファン・ヴィンケルマンは、ブガッティのチーム全体、そして地元の緊急サービスや当局の多大な努力に感謝しています。"ここ数週間、私たちは皆、仕事だけでなく生活全般において予想外の困難に直面してきました。模範的な行動をとってくれた全員に感謝したいと思います。
003_bugatti-restarts-production.jpg
005_bugatti-restarts-production.jpg

ブガッティ公式がスターウォーズとシロン・ピュールスポーツを組み合わせたファンアートを気に入り、オフィシャルアカウントで紹介した珍しい例。
これはデザインした人も嬉しいだろうな。
イタリア、フランスと自動車メーカーが続々と生産を開始していますのでまもなく、イギリスやドイツメーカーも工場の操業再開が始まりそうですね。

ブガッティのアトリエが動画で初公開。こうやってシロンを作ってんのね。




僕の心のヤバイやつ【特装版】 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス) (日本語) コミック – 2020/6/8






関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示