スポンサーリンク

【跳ね馬ではなくユニコーン】フェラーリF50 GTがヤスマリーナサーキットを走るオンボード映像が公開


エンツォ・フェラーリのレーシングカー「FXX」ラ・フェラーリのレーシングカー「FXX K」など
フェラーリにはスペチアーレモデルのサーキット専用車両が存在しますが、F50のレーシングカー【フェラーリF50 GT】ほど貴重な車はなかなかありません。

公道を走るフォーミュラ1マシンとして発売されたF50にはF1から派生した4.7リッターV12エンジンを搭載し、
F50 GTは10,500 rpmで750馬力を発揮。噂では900馬力も出せると言われていました。
現在のハイパーカークラス相当のGT1クラス用のマシンで3台のみ生産され、かつてはフェラーリオーナーズクラブジャパンの発起人の一人でもある岡本芳邦氏がシャーシ002のF50GTを所有していました。

そのユニコーンとも呼ばれるF50GTがヤスマリーナサーキットを走る映像が公開されています。
1996-ferrari-f50-gt (2)


オリジナルのF50はフェラーリ創立50周年に「道路のためのフォーミュラ1マシン」をコンセプトに発売され、
シャーシはもちろんカーボンファイバー製のモノコックタイプで取り外し可能なハードトップを備えたカブリオレでした。
F50GTはGT1クラス用のレーシングマシンだったのでルーフスクープを備えたクーペになり素早くコーナーを曲がるため、リアウィングが備えられ、エクステリアもレーシングカー用に大きく変更されています。

フェラーリは1965年以来30年ぶりにGT1カテゴリーに参戦する為にF50 GTの開発を初めます。
元々のF50の車重は1,250kgと十分軽かったですが、F50GTではインテリアなど余計なパーツを削ぎ落とし車重はわずか900kgととんでもないスペックを持っていました。

1996-ferrari-f50-gt (1)
1996-ferrari-f50-gt (3)
フェラーリF50 GTがなぜ3台だけ生産されたのかと言うと、実は02号車03号車はオリジナルのスペアパーツで作られた個体です。
フェラーリはレースに出さない事を条件に01号車をサンフランシスコにあるフェラーリディーラーの共同所有者であるアメリカ人に。
02号車を岡本芳邦氏、03号車をオーストラリア人に販売しました。
現在のレートで1億5000万円ほどで販売されたらしいです。


ヤスマリーナサーキットで走るF50GTが何号車なのか分かりませんが、今も現役で走っている姿はなかなか貴重なオンボード映像でした。


エンツォ・フェラーリの真実 ペーパーバック – 2009/1/1



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

パドルシフト…?
 
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示