スポンサーリンク

マクラーレンスピードテールがどの様に時速403km/h達成したのか? ブガッティ「え?自分15年前に407km/h出してますけど?」


マクラーレンは2月から量産を開始したアルティメットシリーズのフラッグシップモデルとなる「マクラーレンスピードテール」
ハイブリッドハイパーGTカーはモータースポーツの技術を使用したV8ツインターボエンジンと、革新的なバッテリー冷却システムにより、電気駆動装置を長時間にわたってより強力に動作させることができます。

史上最速のマクラーレンとなるスピードテールががアメリカで高速検証テストを完了し、
最高速度403km / h(250mph)に30回以上到達したという発表を受けて、
マクラーレンのエンジニアは「どの様にスピードは驚異的な速度を出すのかを答えています。
McLarens-hybrid-Hyper-GT-incorporates-ground-breaking-technology (3)

その答えは、卓越した空力特性と車両重量の軽さなどの特性の組み合わせが、ハイブリッドHyper-GTの驚くべきパフォーマンスを実現していることにあります。
その基本となるのは、先駆的なバッテリー技術を組み込んだレース用電気駆動システムであり、ハイブリッド効率の新たなベンチマークとなっています。
これにより、スピードテールは静止状態から時速300km/h(186mph)まで13秒で加速し、最高速度は時速403km/h(250mph)に達します。

心臓部となるM840TQのパワートレインは、4.0リッター内燃機関と電気駆動装置で構成され、最高出力1,070PS、最大トルク1,150Nmを発揮します。
V8エンジンには、マクラーレン初のハイブリッド・ハイパーカーである伝説のマクラーレンP1から進化した技術が採用されています。 軽量化された新しいエアインテークシステム、改善されたシリンダーヘッド冷却、ピストン設計の見直しにより、757PSと800Nmの「伝統的な」ガソリンエンジン出力がスピードテールに貢献しています。

フォーミュラE由来の技術を用いた電気モーターは、230kW以上を発生させます。
これにより、スピードテイルは、冷却と統合を含め、現在市販のロードカーに使用されている電気モーターの中で最高の性能を備えています。出力は8.3kW/kgで、これは平均的なスポーツカーの2倍の効率です。

バーチャル製品の開発、遠隔測定、電動化、制御に注力するマクラーレングループの部門であるマクラーレン アプライドのエンジニアは、スピードテールの電気駆動技術チームと協力して、モータースポーツで開発された画期的なインバータとDC/DCコンバータ技術を電気駆動システムに統合し、ハイブリッドHyper-GTの並外れた性能を実現するために必要なレベルの制御とパワーマネジメントを実現しました。
McLarens-hybrid-Hyper-GT-incorporates-ground-breaking-technology (4)
高電圧エネルギー貯蔵システムは、スピードテイルの真の革新点です。1.647kWhの高出力円筒形セルを独自の配列で配置したこのユニットは、バッテリー技術の最先端を行くもので、非常にコンパクトでありながら、現在市販されている高圧バッテリーの中で最高のパワーウェイトレシオを実現しています。マクラーレンの技術の進歩を示すように、このバッテリーの電力密度はマクラーレンP1に搭載されているユニットの4倍の5.2kW/kg、270kWの出力を実現しています。

このバッテリーシステムの設計と統合により、スピードテイルはインテリジェントなエネルギー展開により最高速度を達成することができますが、これは、セルが誘電冷却システムによって熱制御され、軽量で電気的に絶縁性のあるオイルに恒久的に浸漬されているためです。この種のシステムは市販のロードカーでは初めてのもので、非常に効率的で、セルをより強く、より長く走らせることを可能にしています。


McLarens-hybrid-Hyper-GT-incorporates-ground-breaking-technology (2)
McLarens-hybrid-Hyper-GT-incorporates-ground-breaking-technology (1)
ブガッティヴェイロン16.4は15年も前にスピードテールよりも更に高速な時速407km/hを達成し、
今では量産車最速の時速300マイル(482,80 km / h)を突破しています。
マクラーレンスピードテールも今後必ずスピードテールGTRなど派生モデルが登場するはずですが、
やはりル・マンハイパーカークラスに参戦してほしいところですね。




DEAD OR ALIVE 6 NiCO 藤ちょこVer. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

管理人よ、他社がどうのとかじゃなくて己との戦いよ。わかるだろwww

P1のバッテリーはアップデート出来ないのかなぁ。

どのようにして燃えるのか特定することを先にやれ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示