スポンサーリンク

【Welcomeトゥ混沌】革命的なウルトラカー「カオス」が明らかに


ギリシャ・アテネの自動車メーカーSpyros Panopoulos Automotiveは来年のジュネーブモーターショー2021に正式に発表するウルトラカー「プロジェクト・カオス」のリアデザインを明らかにしました。
カオスに使用されているパーツすべてが3Dプリンターで出力されています。
3Dプリンターは、構造に不要なものがすべて取り除かれた部分を印刷するので、重量ができるだけ低く抑えられます。したがって、車両重量は1,000から1,150 kgの範囲で収まり、2:1の比率、つまり重量1 kgあたり2馬力になります。車では、翼、空、ボンネットがカーボンプリプレグで作られ、サブフレームが高強度アルミニウムで作られ、カーボンが多用されています。
カオスハイパーカー (2)


プロジェクトカオスの心臓部は4.0リッターV10ツインターボエンジンを搭載しハイオクガソリン仕様の2000馬力/エンジン最大回転数11,000 rpmモデルと、E85燃料を使用する3000馬力/最大回転数12,000 rpmが存在します。
車は特定の距離と条件で最大3Gの加速速度を生み出すことができます。
8速DCTを搭載し、ダブルウィッシュボーン式サスペンション。
ホイールは3Dプリンター製のチタンまたはカーボンホイールで21インチまたは22インチが装着され、
タイヤも有名メーカーがカオス専用に開発します。
Spyros Panopoulos Automotiveによると0-100km/hは2秒以下でトップスピードは500km/hを超えるとされています。
カオスハイパーカー (3)
カオスハイパーカー (1)
932691@l572032_o
ハイパーカー、メガカーの次はウルトラカーですか。
もう次は9999馬力のギガカーとテラカーが出てくるな。

けど3Dプリンターを使用するとこんなにも美しいコンロッドが出来るんですね。
まるで筋肉の繊維みたいだ。
関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

500km/h超えって、タイヤは耐えられるの?

No title

タイヤは新たに開発するんだろうけど、軽量車での超高速は難しいよね。

このエンジンに耐えるミッションは、開発が大変そうだね。

No title

デヴェル・シックスティーンみたいに、結局世に出なさそう
技術はすごぶるいいんだけど

No title

ダースベイダー感あるな

No title

もうチラッと見るだけでハリボテって分かる。
まともに走らん。
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示