スポンサーリンク

公道を走る事が許された究極の車マクラーレンP1 GTR-18


初のアルティメットシリーズとして登場したP1のサーキット専用モデルとして発売されたマクラーレンP1 GTRを更に公道で走らせる様に改造された究極の車「マクラーレンP1 GTR-18

これはル・マン24時間耐久レース1995で優勝したマクラーレンF1 GTRを手掛けたイギリスのランザンテが手掛けたモデルで、
ランザンテは過去にニュルブルクリンク公道車両世界最速記録を作ったP1 LMやP1 GTなど公道を走れるP1GTRを制作しています。

今回公開されたのは中東オーナー向けに作られたガルフカラーのワンオフモデルでシャーシナンバー#01のP1 GTR-18になります。
(※18とはプロジェクトが始まった2018年を意味しています。)
マクラーレンP1GTR公道 (5)


元々のオーナーは#011のP1 GTRを所有しており、マクラーレンのP1 GTRドライビングプログラムの元、
2年間世界中のサーキットでP1 GTRを走らせていたそうです。このプログラムが終了後、
公道で走らせるためにランザンテに依頼し、6台制作される内の第一号車となります。

基本的には2018年にグッドウッドフェスティバルオブスピードで公開されたP1 GTと同じく、
ロングテール化し屋根にはエアインテークなど追加の空力パーツが装着され、
通常のP1 GTRと比べダウンフォースが40%向上し、車両重量が60kg軽くなっています。
マクラーレンP1GTR公道 (1)
マクラーレンP1GTR公道 (12)
マクラーレンP1GTR公道 (11)
マクラーレンP1GTR公道 (9)
マクラーレンP1GTR公道 (7)
マクラーレンP1GTR公道 (4)
マクラーレンP1GTR公道 (3)
マクラーレンP1GTR公道 (2)
マクラーレンP1GTR公道 (10)
6台制作されるP1 GTR-18のカラーリングはこのガルフカラーの様に90年代を代表したマクラーレンF1 GTRのカラーリングが採用されるそうです。
もちろんすべて合法的にナンバープレートを取得可能ですがサーキット専用のP1 GTRよりも高性能です。

F1GTロングテールを復活させたマクラーレンP1GTがヒルクライムを走る


【まもなく日本にやってくる】マクラーレンP1 LM 全5台が完成




関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミラーの形状がすごい
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示