スポンサーリンク

【忘れ去られたコンセプト】2009年ダッジ・サーキットEV


大排気量V8エンジンのアメリカンマッスルカーを象徴とするブランドと言えばダッジ。
そんなダッジが電気自動車を2009年に発表していたのを覚えていた人は少ないでしょう。
2009年のデトロイトモーターショーで発表されたのが「ダッジ・サーキットEV
この時代はテスラロードスターがやっと納車された頃でまだまだ電気自動車の認知度は低く電気自動車の時代がやってくるとは当時イーロン・マスク以外誰も思っていなかった事でしょう。
ダッジ・サーキットEV2009 (4)


お気づきの方はかなりの車好き!
その通りダッジサーキットEVはロータスヨーロッパをベースにした電気自動車です。
ダッジヴァイパーの技術を搭載したEVスポーツカーで268馬力/400Nm
0-100km/hは6秒
最高速度193km/h
バッテリー容量は35kWhでフル充電で走れる距離は240~320 kmでした。
ダッジ・サーキットEV2009 (6)
ダッジ・サーキットEV2009 (1)
ダッジ・サーキットEV2009 (7)
ダッジ・サーキットEV2009 (5)
ダッジ・サーキットEV2009 (3)
ダッジ・サーキットEV2009 (2)
ダッジサーキットEVはその後発売される事はありませんでした。
サーキットEVが発表される3年前の2006年7月にイーロン・マスクが電気自動車専用ブランドTESLAを立ち上げロードスタープロトタイプを発表。その後2008年から実際に発売されました。

ちなみにテスラロードスターはダッジサーキットEVコンセプトよりも高性能で248馬力/270Nm
0-100km/hは4秒
最高速度は201 km / h
53kWhのバッテリーを搭載し航続距離は370 km
とダッジサーキットEVコンセプトは量産車のテスラロードスターに全く性能で太刀打ち出来ませんでした。




wefr34w3er343.jpg
クライスラーはダッジサーキットEVの他にクライスラータウン&カントリー、ジープパトリオット、ラングラーアンリミテッドのハイブリッドバージョンを発表し、2010年に生産に入るとデトロイトモーターショー2008で発表しました。
ですが2009年5月にクライスラーからEVやハイブリッドのプロジェクトは正式に中止が決まりました。

ワイも昔テスラロードスターに試乗した事あったけど、
すぐバッテリーが熱くなるから「日本の夏だとヤバいだろ」とか「マンション住みの人は充電どこですんねん絶対売れんわw」って思っていたけどまさかポルシェやHUMMERが電気自動車を作る時代になるとはなぁ。


※エリーゼではなくヨーロッパでした


【Amazon.co.jp限定】ご注文はうさぎですか??Selection of April Fool's Day(デカジャケ付き)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2020-04-22)



関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

エリーゼかこれ?
ヨーロッパじゃないの?

ヨーロッパの方だよね。
まあ、シャシーはほぼ一緒みたいだけど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヨーロッパって復刻してたかどうかも忘れてたわ
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示