スポンサーリンク

400台中わずか6台しか存在しないエンツォフェラーリが販売!この色は見た事ねーぞ


世界限定399台+1台のみ発売された2003年フェラーリ・エンツォフェラーリ。
カタログモデルではこのカラーリングGrigio Titanio Metallicはありますが、エンツォフェラーリではわずか6台しか存在しない希少価値の高い色です。
6台中2台だけアメリカに入っている事が判明していますがエンツォではなかなか見る事の出来ないカラーリングの個体が販売されています。
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (10)


6台しか存在しないグリージョティタニオメタリックのEnzo Ferrariは走行距離5756km
2014年にフェラーリ・クラシケに預けられフルレストアされています。
エンツォフェラーリは左右でサイドミラーの大きさが違うのと、
サイドガラスの開閉にはまさかの手動でぐるぐる回すレバーが採用されているのも特徴の一つでもあります。
そしてエンツォのデザインは皆さんがなぜか大嫌いな奥山さんが手掛けています。
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (3)
dutjfuioh.jpg
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (2)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (1)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (9)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (8)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (6)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (5)
 Grigio Titanio Metallic Enzo Ferrari (4)
価格は書いてありませんが、クラシケの認定を受けているので3億前後しそうです。
アストンマーティンやマクラーレンと違ってフェラーリ製スペシャルモデルの価値は定価以下になる事は絶対ありえないのと既に400台中何台かは事故や火災で消滅しているので1億円以下になる事は一生ありません。
発売当時の定価7800万円って今考えるととんでもなく安いな……。
後継モデルのラ・フェラーリも登場して次期モデルの開発も発表されましたが、
流石にちょっとだけデザインの古臭さも出てきましたね。


奥山清行「今だから言うけど、実はエンツォフェラーリのモデルはガンダム。」





関連記事


テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケツのリフレクターだけは何度見ても残念…
デザインの時に考慮してなかったからあとで勝手につけられたのかなんなのか、奥山さんがかわいそうである。
後付けしたやつももう少し考えろや

2014年くらいにカイエン乗ってた時に初めてエンツォとすれ違ったからめちゃくちゃペラいなと思った

カイエンの話のくだり要る?

すきあらば自分語り

No title

カイエンのくだり。笑

カイエンのくだりは目線を強調する為だよ

良い色だと思うんだけどな

カイエン程度でww

俺はエンツォ以来味をしめて車も新幹線も同じ顔ばっかり量産してるから奥山が嫌い

多分この色やと思うけど、十数年前に大阪で見たね
 
スポンサーリンク
プロフィール

newsferrari

Author:newsferrari






相互RSS&リンク募集しております
運営期間5ヶ月以上の方で月20万PV以上の方
ご希望の方は月間PV数UU数をご記入の上ご連絡下さい。
URLのhを抜いてご連絡下さい。
メールが送れない場合はTwitterやFacebookでのご連絡お願いします。
※返信には2週間前後頂く場合があります。



にほんブログ村 車ブログ フェラーリへ
にほんブログ村

自動車(フェラーリ) ブログランキングへ

検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示